• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > 清田区検定 > 合格者が語る清田区「山本顕之進さん」

ここから本文です。

更新日:2017年3月16日

合格者が語る清田区「山本顕之進さん」

山本顕之進さん過去6回の清田区検定で、唯一の全6回合格者である、山本顕之進(やまもとけんのしん)さんに清田区検定や清田区の魅力について語っていただきました。

受験のきっかけ

私は平成11年3月に定年退職し、はじめて清田に居住することとなりました。したがって清田のことは全く無知であること、何かしたいということと、清田区のことを知りたいという気持ちから応募しました。

受験の感想

受験して感じたことは、まさに私が知りたかった清田区の「歴史・地理・文化・自然・まちづくり・清田の産業」などが網羅されており、とても参考となり勉強になったと感謝しております。

清田区のおすすめスポット

清雲橋私は清田に来てから、清田区内の名所、旧跡(清田区まちづくりビジョン2020に登載)の一部をまわりましたが、いずれも甲乙つけがたく、すばらしいふるさと遺産です。せめて「ふるさと遺産」「清田区ガイド」登載のところにはぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

 

写真は清田南公園にかかる「清雲橋」

これから受験される方へメッセージ

人生一生勉強です。

自分の入る土地を知り、人を知り、歴史を知ることは自分の財産です。勉強していきがいの糧にしてください。

その他

私は急に仕事がなくなったことから、何かボランティアなどしてみようと、清田区のパンフレット、回覧等で募集していた行事、事業等にいろいろ応募しました。

例えば、高齢者教室「ふれあい学園」、清田区健康大学、健康づくりリーダー養成研修、介護予防教室、救命講習、防災リーダー研修、清田区検定などです。

ボランティアでも、不法投棄ボランティア監視員、防犯ボランティア、スクールガード、福まち推進員などをしていますが、一番思い出深い区の事業としては、平成17年から始まった「地区センター建設委員会」に参画し、約2年間ワークショップ等を繰り返し、平成20年4月落成式を迎えられたことは一清田区民として、最大の感動であり喜びでありました。

私は前記のことを通じて、多くの人々と知り合い、支えられて、何よりもそれが自分自身の社会勉強であり、生きがいや感動にもつながっているものと思います。

きよたんそれぞれの場で学んだ(体験した)知識や人脈を今後も町内会や福まち等の運営にも反映していきたいと思います。

  • 緑豊かな清田
  • 人情味あふれる清田
  • ふるさと遺産など、みどころいっぱいの清田

に愛着と誇りを感じています。

ボランティアで編集に携わった高齢者向け地域情報誌「きよたん」

関連リンク

このページについてのお問い合わせ

札幌市清田区市民部地域振興課

〒004-8613 札幌市清田区平岡1条1丁目2-1

電話番号:011-889-2024

ファクス番号:011-889-2701