• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 安全・安心 > 平成22年12月2日石狩地方中部地震について

ここから本文です。

更新日:2013年3月4日

平成22年12月2日石狩地方中部地震について

石狩地方中部の地震に関する報告会

 地震に関する報告会を下記日程で開催いたしました。

 日時 平成22年12月21日(火曜日)18時30分~20時00分

 会場 清田区民センター(清田区清田1条2丁目)

 詳細 報告会のページ

発生状況

平成22年12月27日現在 

 発生日時・場所



地震発生箇所(気象庁提供)

発生日時

震度(観測値) 地震規模、発生場所
平成22年12月2日(木曜日) 6時44分 震度3(札幌市白石区) マグニチュード4.5 深さ10km
平成22年12月2日(木曜日) 6時46分 震度2(札幌市白石区) マグニチュード3.3 深さ10km

 ※今回の地震は清田区が震源地となっておりますが、管区気象台が設置している震度計
 が市内4か所(北区太平・中央区北2条・白石区本郷通・南区定山渓)にしかないため地
 震速報では清田区の震度が表示されておりません。

 被害状況
 (清田区役所に情報提供のあったもののみ)

 有明地区の住宅:壁にひび割れやクロス剥離(10件)
 芙蓉カントリークラブ:敷地内の斜面が、幅50m×高さ25mの範囲で崩れる。

 (気象庁の調査結果)
 気象庁の調査結果(PDF、1.5MB)

 地震に備えて
 いざというときのためにのページをご覧ください。

 

災害時に受けられる援助について

 札幌市では今回の地震で災害に遭われた方々に対し、以下のような取り組みを実施しております。詳細につきましては各担当部署にお問い合わせください。

 ■市税の減免
 今回の地震で、お持ちの固定資産(土地・家屋・償却資産)に損害を受けた方は、平成22年度固定資産税第4期分の税金(納期:平成22年12月16日~平成
 23年1月4日)について、固定資産の損害の程度(被害率)が20%以上の場合、減免されることがあります。
 また、平成22年度市民税・道民税第4期分(納期:平成23年1月16日~平成23年1月31日)についても、前年の所得が1,000万円以下の方で住宅、家財にそ
 の価格の30%以上の損害を受けた場合、減免されることがあります。
 これらに該当すると思われる方は、納付される前に下記までお問い合わせください。
 【お問い合わせ先】 南部市税事務所 固定資産税課(電話 011-824-3918)、 市民税課(電話 011-824-3914)

 ■その他
 いざというときのためにのページをご覧ください。

 

 ※大規模災害により、被災した家屋の補修工事に必要な資金の融資制度である「災害住宅補修資金」については、今回の地震は大規模災害に該当しな
 いため対象となりません。

 ※災害救助法が適用された災害などで、家財や住宅に損害を受けたか世帯主が負傷した場合の融資制度である「災害援護資金」については、今回の地
 震は災害救助法の適用された地震に該当しないため対象となりません。


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市清田区市民部総務企画課

〒004-8613 札幌市清田区平岡1条1丁目2-1

電話番号:011-889-2018

ファクス番号:011-889-2701