• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > 地区ニュース > 地区ニュース(屯田地区) > 寒い冬を楽しもう!~「第35回屯田雪まつり」が開催~

ここから本文です。

更新日:2020年2月17日

寒い冬を楽しもう!~「第35回屯田雪まつり」が開催~

「第35回屯田雪まつり」が開催2月16日午前10時から、屯田みずほ東公園(北区屯田6条5丁目)で「屯田雪まつり」が開催された。これは、地域の子どもたちに雪遊びの場を提供し、雪に親しみながら冬の遊びを楽しんでもらおうと、第35回屯田雪まつり実行委員会(松村和彦(まつむら・かずひこ)実行委員長)が主催したもの。

この日(16日)は、地域の子どもたちやその保護者など約500人が参加。開会式では、地元を中心に市内で活躍している「さっぽろ屯田太鼓」のメンバーが力強い太鼓の演奏を披露。その後、子どもたちは4チームに分かれて、「綱引き」、自分たちが選んだラグビーチームのユニフォームが書かれたカードと前方のスタッフが持っているカードに書かれたユニフォームが同じものならそのままゴールできる「トライでベスト8!」、2人でじゃんけんをして勝った方が相手のあめをもらえる「あめとりじゃんけん」など、5種類のゲームを楽しんだ。また、実行委員らが製作したチューブ滑りは、長い列ができるほどの大人気だった。

「第35回屯田雪まつり」が開催会場には、地域のオリジナルキャラクター「屯田兵さん」や北区まちづくりキャラクター「ぽっぴぃ」の他、札幌市児童会館・ミニ児童会館のマスコットキャラクター「にじりん」や「ゆきだるマン」なども登場し、会場を盛り上げた。閉会式終了後には、手作りの豚汁が振る舞われ、参加者は冷えた体を温めていた。

参加した小学生の男の子は「あめとりじゃんけんが楽しかったです。じゃんけんに勝って、たくさんあめをもらいました」と笑顔で話していた。

問い合わせ

屯田まちづくりセンター

電話011-772-1260