• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > 地区ニュース > 地区ニュース(屯田地区) > チームワークで守る安心安全なまち~合同安全祈願出陣式及び除雪機械体験試乗会が開催される~

ここから本文です。

更新日:2019年12月2日

チームワークで守る安心安全なまち~合同安全祈願出陣式及び除雪機械体験試乗会が開催される~

合同安全祈願出陣式及び除雪機械体験試乗会11月27日午前10時から、北区西地区除雪センターモータープール(北区屯田8条6丁目)で、屯田地域の除雪を担う道路維持除雪共同企業体(熊谷一男(くまがい・かずお)代表)と札幌屯田防犯パトロール隊(通称:とんぼ隊、松井敦利(まつい・あつとし)隊長)の主催による「合同安全祈願出陣式及び除雪機械体験試乗会」が行われた。これは、同企業体と同隊が連携して、防犯パトロールや子どもの見守り活動などを実施していることから、冬場の交通事故防止を祈願するとともに、地域の交流を深めて安全安心なまちづくりに対する意識の向上を図ろうと行われているもの。毎年開催されており、今回が14回目の実施。

この日(27日)は、まず安全祈願出陣式が行われ、同企業体の作業員や同隊の隊員、学校関係者など約70人が参加。同企業体の熊谷代表は「近年の気候変動などで積雪がどのようになるか予測がつきませんが、チームワークを発揮し無事故無災害で冬シーズンを乗り越えましょう」とあいさつ。また、同隊の松井隊長は「重機の死角があることを子供たちに知ってもらい、冬型の事故を防ぎたい」と話していた。

合同安全祈願出陣式及び除雪機械体験試乗会その後、除雪機械体験試乗会が行われ、屯田大藤保育園の園児約70人と屯田小学校の4年生約120人が参加。松井隊長と北警察署員から冬の交通事故に関する注意点などの説明を受けた後、好きな除雪車に試乗。児童らは同企業体の作業員の補助を受けながらハンドルやレバーに触れ、その大きさを実感していた。

問い合わせ

屯田まちづくりセンター

電話011-772-1260