• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > 地区ニュース > 地区ニュース(太平・百合が原地区) > 地域の特性を踏まえた備えを~太平百合が原地区防災訓練を実施~

ここから本文です。

更新日:2020年9月29日

地域の特性を踏まえた備えを~太平百合が原地区防災訓練を実施~

             たいゆりぼうさい1

9月24日午後2時から、太平百合が原地区センター(北区太平12条2丁目)で、太平百合が原地区まちづくり協議会と太平百合が原連合町内会の共催による地区防災訓練が行われた。

これは、地域の災害対応力の向上と支え合い意識の高揚などを目的に行われたもので、今回が8回目の開催。今回は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、訓練内容を縮小し、講習会形式での開催となった。

この日(24日)は地域住民60人が参加。最初に北区役所から、札幌市の「避難所運営マニュアル」に基づいた感染症対策、「福祉避難所」などについての説明があった。

その後、防災ライフプランナーの水口綾香(みずぐち・あやか)さんを講師に迎え「太平百合が原の災害想定と備え」と題し、講演が行われた。水口さんは太平百合が原地区で実際に地震や洪水が発生した場合の状況を地図などで説明。また、災害時への備えを再確認する重要性についても話があり、参加者は熱心にメモを取っていた。

同地区から参加した男性の一人は「住んでいる地域の災害対応について具体的に考えることができたので、参加して良かったです。感染予防対策も含めた備えについて見直したいと思います」と話していた。

    たいゆりぼうさい2   たいゆりぼうさい3

問い合わせ

太平百合が原まちづくりセンター

電話011-771-9180