• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > 地区ニュース > 地区ニュース(その他) > 大規模災害の発生に備えて~令和2年度札幌市総合防災訓練を実施~

ここから本文です。

更新日:2020年9月3日

大規模災害の発生に備えて~令和2年度札幌市総合防災訓練を実施~

                   2020090101

9月1日午後1時から、シャトレーゼガトーキングダムサッポロ(北区東茨戸132番地)で「令和2年度札幌市総合防災訓練」が行われた。

この防災訓練は、災害対応力の向上などを目的に、札幌市が毎年実施している。今回は10年ぶりに北区を会場に行われた。

この日(1日)は、北区の連合町内会や各防災関係機関・団体などから約320人が参加。大規模な風水害の発生を想定し、会場を屋内と屋外に分けてさまざまな訓練を実施した。

屋外訓練では「流木・土砂撤去訓練」、「溺水者救出訓練」などが行われ、溺水者をボートなどで救出。また、屋内訓練では、新型コロナウイルス感染症対応を取り入れた避難所を開設・運営し、検温や体調不良者を感染症室へ誘導する流れなどを確認した。

なお今回は、新型コロナウイルス感染症拡大防止を目的に、一般来場者の見学を行わず、インターネットでのライブ配信を初めて実施した。

閉会式では、札幌市災害対策本部長の秋元克広(あきもと・かつひろ)市長から「災害はいつやってくるか分からないため、事前の備えが大事。住民の皆さまも準備をしてほしい」と講評。

訓練に参加した連合町内会の男性は「実際に災害が起きたときにどう動くか想像することができた。自宅の備蓄品を見直し、いざというときに備えたい」と語った。

            2020090102          2020090103

            2020090104           2020090105

問い合わせ

北区市民部総務企画課地域安全担当係

電話011-757-2403

このページについてのお問い合わせ