• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > 地区ニュース > 地区ニュース(その他) > 暮らしやすいまちづくりに貢献~北区アダプト・プログラム事業参加調印式~

ここから本文です。

更新日:2020年4月1日

暮らしやすいまちづくりに貢献~北区アダプト・プログラム事業参加調印式~

北区アダプト・プログラム事業参加調印式3月12日(木曜日)午前11時15分から、北区と若杉商会株式会社(若杉雄一(わかすぎ・ゆういち)代表取締役)との間で「北区アダプト・プログラム事業」の参加調印式が北区役所(北区北24条西6丁目)で行われた。

アダプト・プログラムとは、道路や河川、公園などの公共空間の一定区画を、市民自らが清掃美化活動を行い、自治体がそれを支援する制度のことで、活動する区画を養子にみたてて、市民が里親として活動することから、英語の「養子」=「アダプト(Adopt)」と呼ばれており、北区では今回で13例目。

参加調印式では、両者間で覚書を締結した後、見上雄一(みかみ・ゆういち)北区長から清掃活動の際に着用するアダプトベストが贈呈された。

北区アダプト・プログラム事業参加調印式今後は、同社(北区西茨戸5条1丁目)付近の西茨戸さくら公園と北商橋において、空き缶やたばこの吸い殻などのごみ拾いといった環境美化活動、冬には転倒防止のための砂まきなどを行う。若杉代表取締役は「この活動を通じて、市民の方が暮らしやすいまちづくりに貢献したいと思っています」と意気込みを話していた。

問い合わせ

北区市民部地域振興課まちづくり調整担当係

電話011-757-2407