• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > 地区ニュース > 地区ニュース(その他) > 骨粗しょう症の知識を身に付けよう~「令和元年度女性文化講演」が開催される~

ここから本文です。

更新日:2019年11月5日

骨粗しょう症の知識を身に付けよう~「令和元年度女性文化講演」が開催される~

「令和元年度女性文化講演」が開催される11月5日午前10時40分から、札幌サンプラザ(北区北24条西5丁目)で「女性文化講演」が開催された。これは、女性の社会意識や生活文化の向上を目的として行われたもので、北区連合町内会女性部連絡協議会(南保百合子(なんぽ・ゆりこ)会長)の主催。

この日(5日)は、地域住民ら約230人が参加。北海道大学大学院医学研究院機能再生医学分野整形外科学准教授で整形外科医の髙畑雅彦(たかはた・まさひこ)氏が、「いつのまにか進む骨粗しょう症~予防や治療の重要性~」と題し講演を行った。

講演では、骨粗しょう症とはどんな病気か、どうして骨粗しょう症になるのか、骨粗しょう症はどうやって診断するのか、骨粗しょう症と診断されたらどうしたらいいのかなどについて、スライドを使用しながら、分かりやすく説明が行われた。時折、参加者からの質問に答えながら講演が進められ、参加者らはうなずいたりメモを取ったりと熱心に聞き入っていた。

「令和元年度女性文化講演」が開催される参加者の女性の一人は「とても丁寧な説明を聞くことができて良かったです。骨粗しょう症には、食事、運動、日光を浴びることが重要だと学びました。そして、これからも健康であり続けることは大事なことであると改めて思いました」と話していた。

問い合わせ

北区市民部地域振興課まちづくり推進係

電話011-757-2407