• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > 地区ニュース > 地区ニュース(その他) > 地域の歴史を楽しく巡る~「北区歴史と文化の八十八選を巡る会」が行われる【動画あり】

ここから本文です。

更新日:2018年12月4日

地域の歴史を楽しく巡る~「北区歴史と文化の八十八選を巡る会」が行われる【動画あり】

≪YouTubeでこの動画を公開しています≫

9月22日午後1時から「北区歴史と文化の八十八選を巡る会」が開催された。この「北区歴史と文化の八十八選」は、北区の歴史・文化を多く「北区歴史と文化の八十八選を巡る会」が行われるの人に知って楽しんでもらい、後世に伝えようと平成2年に区内の88カ所の名所を選定したもので、開拓の歴史や当時の様子を知ることができる。今回、実際に現地に赴く機会を提供し、その場所や物などのエピソードを伝えることによって、区民が身近な歴史や文化を再発見、再認識するきっかけを作るとともに、北区への愛着を深めてもらおうと、北区役所が主催した。

この日(22日)は、北区で募集した地域住民ら12人が参加。街歩きで札幌を知る会の田中亮平(たなか・りょうへい)代表からスライドで各コースの概要と代表的なポイントの説明を受けた後、八十八選の5つのコースの中でも近距離にポイントが集まっているために比較的巡りやすい「文学と学問の道(鉄西・幌北コース)」の一部を実際に歩いて見学。このコースは、明治4年に日本で初めて造られた都市公園の跡地である「偕楽園跡」や札幌市指定有形文化財でもある「清華亭」のほか「古河記念講堂」や「北海道大学農学部第二農場」など、北海道大学を中心に最新の技術を使って北海道を開拓した技術者たちの足跡がしのばれる建物

「北区歴史と文化の八十八選を巡る会」が行われる

や記念碑が中心となっている。参加者らは、田中代表からの解説を真剣な表情でメモしたり写真撮影したりしながら、思い思いに史跡巡りを楽しんだ。

参加者らは「普段は何気なく歩いて通っていた場所もあったので、今日改めて史跡に気付くことができました」「今まで別の主催の似たイベントに

 

参加したことはありましたが、今回は詳しいガイドの方の話を聞くことができたので良かったです。また開催する機会があれば是非参加したいです」と話していた。

「北区歴史と文化の八十八選」街歩きマップ(PDF:1,810KB)

問い合わせ

北区市民部地域振興課まちづくり調整担当係
電話011-757-2407

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。