• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > 地区ニュース > 地区ニュース(その他) > 自分たちのまちに彩りを!児童らが1000株の花を植える~「地域と行う区役所美化事業」が実施される

ここから本文です。

更新日:2017年6月23日

自分たちのまちに彩りを!児童らが1000株の花を植える~「地域と行う区役所美化事業」が実施される

「地域と行う区役所美化事業」が実施される

6月20日午前8時50分から、札幌市立白楊小学校(北区北24条西7丁目、古里和雄(ふるさとかずお)校長)の児童が、北区役所(北区北24条西6丁目)や札幌サンプラザ(北区北24条西5丁目)周辺で花植え活動を行った。これは、「明るい社会づくり運動札幌北区推進協議会(青田峻亮(あおたとしあき)会長)」が取り組んでいた美化事業に、16年前から同校の児童が参加したことをきっかけに、地域団体や企業などと行政が協力して始まったもの。

この日(20日)は、同校の5、6年生の児童134人と同協議会や「スローライフ・イン・に~よん(小泉詔信(こいずみあきのぶ)実行委員長)」、北区園芸造園組合(畑山定義(はたやまさだよし)組合長)などのメンバーを合わせた約200人が参加。この活動にあたり、同組合からはサフィニア120株と亜麻10株が寄付された。

同校の児童は、各団体と数人のグループを作り、担当する区域に分かれてマリーゴールド、インパチェンス、ベゴニアなど5種類の花、合計約1000株を30分ほどかけて植えた。児童たちは、穴の深さなど植えるこつを各団体のメンバーに丁寧に教えてもらいながら熱心に植えていた。「地域と行う区役所美化事業」が実施される

参加した児童は「一生懸命植えたので、元気に育ってほしいです」「学んだことを生かして家でも花植えをしたいです」と笑顔で話していた。

 

問い合わせ

北区市民部地域振興課まちづくり調整担当係
電話011-757-2407