• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > 地区ニュース > 地区ニュース(篠路地区) > みんなの笑顔のために、子どもたちが活動~篠路地区で地域の子どもたちの善行表彰が行われる

ここから本文です。

更新日:2018年3月8日

みんなの笑顔のために、子どもたちが活動~篠路地区で地域の子どもたちの善行表彰が行われる

3月4日(日曜日)午前10時から、篠路コミュニティセンター(北区篠路3条8丁目)で、平成29年度篠路地区善行表彰式が行われた。これは、ボラン篠路地区で地域の子どもたちの善行表彰が行われるティア活動などに取り組む子どもたちを地域全体で見守り褒めることで、子どもたちに褒められる喜びを知ってもらい、長所を伸ばしてもらおうと、篠路地区コミュニティネットワーク会議青少年部会(清水和夫(しみずかずお)部会長)が主催しているもので、今回で16回目。

この日(4日)は、表彰を受ける子どもたちのほか、保護者や学校関係者、地域住民など約110人が参加。

表彰に先立ち、北区子ども会リーダー修了生の会「中尾美奈(なかおみな)」会長が「世界の子どもたちの事を知り今を大切に生きる」と題し講演。中尾さんは、青年海外協力隊としてイエメン共和国の幼稚園で2年3カ月活動した経験がある。「イエメン共和国の子どもたちは、明日また同じように会えるのかわからない環境で生活しています。安全に守られている日本。その現状を知って、今を大切にいきてほしいです」などと話し、保護者や子どもたちは真剣な表情で耳を傾けていた篠路地区で地域の子どもたちの善行表彰が行われる

続いて、表彰式が行われ、地域の団体や学校長の推薦を受け選ばれた、個人やグループに、同会議の伊藤英夫(いとうひでお)会長から表彰状と記念品が贈られた。善行の内容は、児童が自発的に行った公園の清掃、日頃のあいさつ運動、ペットボトルキャップやリングプルの回収活動などさまざま。

表彰された子どもの一人は「学校のみんなでリングプルを回収して、介護老人施設に車いすを送りました。私たちの活動で誰かが喜んでくれていると思うとうれしいです」と笑顔で話していた。

問い合わせ

篠路出張所(篠路まちづくりセンター)
電話011-771-2231