• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > 地区ニュース > 地区ニュース(新琴似西地区) > 地域の方から伝承される新琴似音頭~新琴似西小学校で新琴似音頭の練習が行われる~

ここから本文です。

更新日:2020年7月6日

地域の方から伝承される新琴似音頭~新琴似西小学校で新琴似音頭の練習が行われる~

           新琴似音頭1

6月29日午前11時40分から、札幌市立新琴似西小学校(北区新琴似11条15丁目、伊藤聡美(いとう・さとみ)校長)で、「新琴似音頭」の練習が行われ、4年生70人が参加した。これは、新琴似西連合町内会(高橋博章(たかはし・ひろあき)会長)が、同音頭の伝承のために行っているもので、今回で3回目。

同音頭は、昭和61年の「新琴似開基百年」を記念に制作されたが、平成27年に、世代を問わず魅力を感じるように曲・踊りをリニューアルしている。

この日(29日)は、同音頭の先生(西川代奏(にしかわ・しろやす)講師)を中心に、児童に音頭の振付けを教えた。参加した児童たちは、講師の先生の説明や動きを真剣に見聞きしながら、熱心に取り組んでいた。

今年度は新型コロナウイルス感染症の対策のため、児童全員がマスクを装着して参加し、他学年の練習は別日に分けて行っている。

 新琴似音頭3  新琴似音頭2

問い合わせ

札幌市立新琴似西小学校

電話011-762-1127