• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > 地区ニュース > 地区ニュース(新琴似地区) > 被災者のためにできることを~新琴似連合町内会が平成30年7月豪雨災害の被災地に義援金を寄付

ここから本文です。

更新日:2018年11月8日

被災者のためにできることを~新琴似連合町内会が平成30年7月豪雨災害の被災地に義援金を寄付

11月8日午前11時30分、新琴似連合町内会の虻川輝行(あぶかわ・てるゆき)会長、中原秀敏(なかはら・ひでとし)副会長、下村晃(し

新琴似連合町内会が平成30年7月豪雨災害の被災地に義援金を寄付

もむら・あきら)副会長が北区役所(北区北24条西6丁目)を訪れ、日本赤十字社を通じて平成30年7月豪雨被害の被災者に送る義援金510,324円を寄付した。

この義援金は、同連合町内会が地域住民に呼び掛けを行い、寄付を募ったもの。同連合町内会は、これまで東日本大震災や熊本地震の被災地にも義援金を寄付している。

この日(8日)、虻川会長から村山英彦(むらやま・ひでひこ)北区長に義援金が手渡された。虻川会長は「被災された方のためにできることをしよう!と地域で呼び掛けをしました。この義援金が少しでも被災者のお役に立ってくれればうれしく思います」と話していた。

新琴似連合町内会が平成30年7月豪雨災害の被災地に義援金を寄付

 

 

 

 

 

問い合わせ

北区地域振興課まちづくり推進係
電話011-757-2407