• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > 地区ニュース > 地区ニュース(新琴似地区) > 自分のペースで、楽しくウオーキング~新琴似地区で「第7回らく・楽(らく)ウォーキング大会」を開催

ここから本文です。

更新日:2017年9月26日

自分のペースで、楽しくウオーキング~新琴似地区で「第7回らく・楽(らく)ウォーキング大会」を開催

新琴似地区で「第7回らく・楽(らく)ウォーキング大会」を開催

9月23日(土曜日)午前9時30分から、秋の新琴似を楽しく歩く「第7回らく・楽ウォーキング大会」が開催された。日頃じっくり眺めることの少ない地域の景色をそれぞれのペースで歩きながら楽しむとともに、住民の健康増進と交流を深めることを目的として行われたもので、新琴似連合町内会(虻川輝行(あぶかわてるゆき)会長)の主催。

この日(23日)は、小学生から80代までの地域住民約150人が参加し、それぞれのペースに合わせて「早歩き」「ふつう」「ゆっくり」の3つのグループに分かれてスタート。「早歩き」「ふつう」グループは、新琴似神社からJR新琴似駅付近の高架下遊歩道、安春川の散策路、新琴似グリーン公園、屯田防風林を通り、ゴール地点の新琴似神社までの約7.3キロメートルを、「ゆっくり」グループは、新琴似神社からJR新琴似駅付近の高架下遊歩道、安春川の散策路を通り、ゴール地点の新琴神社までの約2.7キロメートルを歩いた。参加者たちは、時折立ち止まって花を眺めたり、参加者同士で会話を楽しんだりしながら、秋のウオーキングを思い思いに楽しんでいた。新琴似地区で「第7回らく・楽(らく)ウォーキング大会」を開催

参加者の女性の一人は「歩くスピードごとにコースが分かれているので、自分のペースで楽しく歩くことができますね。来年ももちろん参加しますよ」と笑顔で話していた。

問い合わせ

新琴似まちづくりセンター
電話011-761-4205