• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > 地区ニュース > 地区ニュース(新川地区) > 痛ましい事故が二度と起きないことを願って~新川地区で交通安全街頭啓発を実施~

ここから本文です。

更新日:2020年7月31日

痛ましい事故が二度と起きないことを願って~新川地区で交通安全街頭啓発を実施~

              新川1

7月27日午後5時から、新川さくら並木連合町内会(佐久間五十也(さくま・いそや)会長)や北区交通安全協議会新川支部(岡本しのぶ部長)などが、北区新川2条4丁目交差点付近で交通安全の街頭啓発を行った。

これは、2015年7月27日に同交差点にて、小学生の死亡交通事故が発生したことをきっかけに、年に1度「自転車事故根絶の日」として、今後このような痛ましい事故を新川地区から起こさないようにと願い街頭啓発を実施しているもの。

同事故から丸5年となったこの日(27日)は、地域住民ら約100人が参加。参加者は「交通安全」と書かれた旗を掲げながら、事故防止について運転手や歩行者に呼び掛けた。

佐久間会長は「運転手や歩行者への呼び掛けはもちろんのこと、参加者を含む地域住民一人一人の安全意識の高揚を図る目的で毎年実施しています。交通事故ゼロを目指し、これからも交通安全運動を続けてまいります」と話した。

 

     しんかわ2   しんかわ3

 

問い合わせ

新川まちづくりセンター
電話011-762-2604

このページについてのお問い合わせ