• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > 地区ニュース > 地区ニュース(新川地区) > 昼間とはひと味違う夜桜を~「新川夜ざくら2019」が開催される~

ここから本文です。

更新日:2019年5月7日

昼間とはひと味違う夜桜を~「新川夜ざくら2019」が開催される~

「新川夜ざくら2019」が開催される5月3日から5日まで、新川さくら並木の一部(北区北24条西19丁目)の桜約14本をライトアップした「新川夜ざくら2019」が開催された。これは、新川夜ざくら実行委員会(佐久間五十也(さくまいそや)実行委員長)と新川地区コミュニティネットワーク会議(佐久間五十也 会長)が主催し、新川さくら並木連合町内会(佐久間五十也 会長)の協力により実施されたもの。

同地区は、約3年間かけて、地域住民を中心に延べ1300人の手で、新川堤防沿い約7.5キロメートルに755本の桜が植樹され、手稲区側と合わせると総延長約10.5キロメートルの桜並木を完成させた。このイベントは、桜の植樹から20周年を迎えた昨年、初めて行われたもので、今年は2回目となる。

イベント初日に会場に訪れた地域住民らは「日中の桜もきれいだけど、ライトに照らされた桜も幻想的できれいです」「ライトアップすると、桜が一層豪華に見えます」「色々な種類の桜があって、光を当てるととてもすてきですね」などと話し、ライトアップされた桜を眺めたり、写真撮影したりするなど、昼間とはひと味違う桜を楽しんでいた。「新川夜ざくら2019」が開催される

なお、5月11日には札幌サンプラザ(北区北24条西5丁目)にて「音楽祭」、5月19日には新川さくら並木の遊歩道を歩く「ウォーキング大会」が開催される予定。

問い合わせ

新川まちづくりセンター

電話011-762-2604