• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > 地区ニュース > 地区ニュース(麻生地区) > 春を迎えるその前に、準備を整えましょう~麻生地区で「花壇の整備と手入れ講習会」が開催される

ここから本文です。

更新日:2016年3月23日

春を迎えるその前に、準備を整えましょう~麻生地区で「花壇の整備と手入れ講習会」が開催される

麻生地区で「花壇の整備と手入れ講習会」が開催される3月17日(木曜日)午後6時から、麻生地区会館(北区北39条西5丁目)で「花壇の整備と手入れ講習会」が行われた。

これは、造園の専門知識を持つNPO法人(特定非営利活動法人)から花壇の手入れや草花の育て方などの知識や技術を学ぶことで、麻生地区のまちづくり活動の一環として行っている「花いっぱい運動」や同地区の名前の由来となっている亜麻(あま)の保存活動などの植栽活動に役立てていこうと麻生連合町内会(大門隆司(だいもんたかし)会長)が主催したもの。同地区では初となる札幌市の「NPO地域連携促進事業」を活用した講習会で、講師は造園技術の講演会などを開催しているNPO法人みどりのオアシス・サポートクラブ(清田区平岡9条3丁目、武石隆夫(たけいしたかお)理事長)から招いた。

この日(17日)は、地域住民や亜麻保存会の会員など30人が参加した。講習会の前半では、同法人の渡邉聖子(わたなべせいこ)氏から草花の色彩を意識した花壇の設計や管理などの講演、武石理事長から亜麻の管理についての講演が行われた。後半は、「造園」「花植え」「亜麻の育成」のテーマ別に3グループに分かれ、同法人の会員を交えた園芸相談会が行われた。参加者からは「肥料の配合割合はどうしたらいいの?」「花壇の土の盛り方はどうしたいいのか?」「亜麻の苗の育成に必要なことは?」など多くの質問が上がり、活発な意見交換が行われていた。

麻生地区で「花壇の整備と手入れ講習会」が開催される参加者の一人は「肥料の種類や配合、花の植え方など専門的なことを学ぶことができて、とても参考になりました。春からの花植えに役立てていけそうです」と笑顔で話していた。

問い合わせ

麻生まちづくりセンター

電話011-757-5810