ホーム > 平成30年北海道胆振東部地震について > 平成31年2月21日21時22分に札幌市内において震度5弱の地震が発生しました

ここから本文です。

更新日:2019年3月1日

平成31年2月21日21時22分に札幌市内において震度5弱の地震が発生しました

 地震の概要

  • 本震発生日時 2月21日(木曜日) 21時22分
  • 市内最大震度 5弱(北区・手稲区)
  • 震源地 胆振地方中東部、深さ33km(暫定値)
  • マグニチュード 5.8(暫定値)

 札幌市の体制

日時 対応状況 備考
平成31年2月21日 21時22分 災害対策本部設置、第1非常配備  
平成31年2月21日 23時15分 第1回災害対策本部会議

第1回災害対策本部会議資料(PDF:90KB)

平成31年2月22日  7時00分 第2回災害対策本部会議 第2回災害対策本部会議資料(PDF:232KB)
平成31年2月22日 16時00分 第3回災害対策本部会議 第3回災害対策本部会議資料(PDF:361KB)

 被害状況

  • 人的被害 負傷者1名 (軽傷1名) (2月22日 15時00分現在)
  • 物的被害 なし (2月22日 15時00分現在)

 公共交通機関の運行状況について(2月22日15時00分現在)

市営地下鉄の運行について

2月21日の地震発生直後から地下鉄の運行を中止し、安全確認のため地下鉄施設等の点検を進めておりましたが、下記のとおり全線で運行を再開しました。

  • 南北線 全線で運行再開(22日4時47分ごろ)
  • 東豊線 全線で運行再開(22日4時15分ごろ)
  • 東西線 全線で運行再開(22日5時3分ごろ)

なお、全線、時刻表どおりのダイヤで運行しています。詳細は交通局ホームページにてご確認ください。

札幌市電の運行について

札幌市電については、22日も通常どおり始発から運行しています。

列車の運転について

一部列車に運休や遅れが発生しています。

最新の情報はJR運行情報のページをご確認ください。

 一時滞在施設等について

2月21日(木曜日)21時22分に発生した地震への対応として札幌駅前通地下歩行空間を一時滞在施設として開放していましたが、22日8時に閉鎖し、通常どおりの利用となります。また、あわせて21日24時30分から札幌市民交流プラザを開放していましたが、22日7時00分に閉鎖しました。

 ライフラインの状況について(2月22日15時00分現在)

停電情報について

札幌市内で停電は発生していません。

詳しくは北海道電力のホームページをご確認ください。

ガスの状況について

ガスは通常どおり供給されています。

詳しくは、北海道ガスホームページをご確認ください。

水道・下水道の状況について

平成31年2月21日(木曜日)21時22分に発生した地震の影響について、順次調査を行いましたが、その結果、水道・下水道関係の被害は確認されませんでした。

 市立札幌病院の診療体制について

市立札幌病院は、2月22日、通常どおり全ての外来・入院診療を行います。

詳しくは、市立札幌病院のホームページをご確認ください。

 家庭ごみの収集について

2月22日(金曜日)の家庭ごみ収集は、通常どおり午前8時30分から行います。

なお、同日にパートナーシップ排雪を実施する地域については、収集時間が早まることがあります。

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。