ここから本文です。

更新日:2013年10月29日

危険な前ぶれに注意

 ふだんから川やがけの様子を気にかけておきましょう。もし、雨が続いている間や雨上がりに、ふだんとは違う次のような状態に気づいたら、近所の人にも呼びかけて注意を継続し、危険を感じたら速やかに避難しましょう。また、防災関係機関にも通報しましょう。

危険な前ぶれに注意

  • 川の水かさが急激に、または著しく上昇している。
  • 川がにごったり、流木などが流れている。
  • がけから音がする。小石が落ちてきている。斜面にひび割れや変形がある。
  • がけや斜面から水が吹き出している。がけからの水がにごっている。
  • 山鳴りがする。雨が降り続いているのに川の水位が下がっている。
  • 雨量が1時間に20mmを超える場合や、降り始めからの雨量が100mmを超える場合は、特に注意しましょう。

このページについてのお問い合わせ

札幌市危機管理対策室危機管理対策部危機管理対策課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎7階

電話番号:011-211-3062

ファクス番号:011-218-5115