ホーム > 市政情報 > 政策・企画・行政運営 > ビジネス人材育成特区

ここから本文です。

更新日:2011年2月23日

ビジネス人材育成特区

平成16(2004)年6月認定

平成18(2006)年7月規制緩和項目の全国対応に伴い認定取消

1.特区のねらい

北海道で初めての専門職大学院として平成16年(2004年)4月に設立した小樽商科大学ビジネススクールは、北海道の産業構造の転換を担うビジネスリーダーの育成によって地域の活性化を進めています。夜間に開講されているため現状では海外からの学生受け入れは困難ですが、特区の認定により海外から多くの優秀な学生を受け入れことが可能になります。

2.認定された規制緩和項目

番号

項目

内容

1 夜間大学院留学生受入れ事業(508)

小樽商科大学の夜間大学院(ビジネススクール)に入学する留学生に対し、「留学」の在留資格を付与することが可能となります。

※当該規制緩和項目は、すでに全国で措置されています。

3.資料

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市まちづくり政策局政策企画部企画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎5階

電話番号:011-211-2192

ファクス番号:011-218-5109