ここから本文です。

更新日:2016年2月20日

南一条地区のまちづくり

南一条地区南一条地区は、本市で最も古い歴史を持つ商店街であり、また、店舗面積2,000平米を超える建物が12棟立地するなど、札幌で最も多くの大型商業施設がならぶ商店街でもあります。

さらに、当地区の中心を東西に通る南一条通と、東側に隣接した創成川通は、1869年の島判官によるまちづくりの基点に定められた地であり、札幌の始まりの地でもあります。

しかし、このような歴史ある当地区においても、近年、歩行者通行量や年間商品販売額の減少、地区内の多くの施設が更新時期を迎えている等、様々な課題が顕在化してきております。

そこで、札幌市では、古くから多くの市民に親しまれる商業地である南一条地区の再生に向けて、地域関係者により設立された「南一条地区開発事業推進協議会」と共に、地区のまちづくりについて検討を進めております。

オープンカフェの様子街に設置されたプランターイベントの様子

 

 

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市まちづくり政策局都心まちづくり推進室都心まちづくり課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎5階

電話番号:011‐211‐2692

ファクス番号:011‐218‐5112