ホーム > 市政情報 > 政策・企画・行政運営 > 創造都市さっぽろ > 小学生・中学生向け電子工作・プログラミングワークショップ

ここから本文です。

更新日:2016年9月29日

小学生・中学生向け電子工作・プログラミングワークショップ
「電子工作×プログラミング体験で水やりマシンをつくろう」

チ・カ・ホ北2条広場メディア空間"Sapporo-north2"では、メディアアーツを活用した創造的活動を促進するため、小学生・中学生向けワークショップ「電子工作×プログラミング体験で水やりマシンをつくろう」を開催します。 

ワークショップ概要

ワークショップでは、植物に自動で水をあげる「自動水やりマシン」をつくります。
土が乾くと、植物は水を土から吸収することができません。水やりマシンは、土が乾いていることを小さなコンピューター(マイコン)を使って見つけ、ポンプを動かして植物に水を自動であげる仕組みになっています。
ハンダごてを使わずにできる電子工作や、ちょっとしたプログラミング体験を通じて自分だけの水やりマシンをつくります。

日常のちょっとしたことを電子工作やプログラミングを通じて変えてみる、そんな体験ができるワークショップです。

また、ワークショップ開催と同時に、開催にご協力いただく「サッポロ・オープン・ラボ(外部リンク)」のみなさんが、過去のワークショップで制作した作品等の展示を行います。

過去の作品展示01 過去の作品展示02 過去の作品展示04

日時

平成28年8月21日(日曜日)

  • ワークショップ(1回目) 14時00分~15時00分
  • ワークショップ(2回目) 15時30分~16時30分
  • 作品展示コーナー 14時00分~16時30分

会場

チ・カ・ホ(札幌駅前通地下歩行空間) 北2条広場メディア空間"Sapporo-north2" 

(札幌市中央区北2条西4丁目)

参加料・持ち物

参加料は不要、持ち物も必要ありません。

対象

プログラミングや電子工作に興味のある小学生・中学生とその親。(親子でご参加ください)

ワークショップの定員は各回8名です。

このワークショップについて

札幌市は、文化芸術に代表される創造性を活用し、産業振興・まちづくりを進め、人材育成・集積を図ることで、まちを活性化し、都市ブランド向上にもつなげる「創造都市さっぽろ」の取組を進めており、平成25年11月にはユネスコ創造都市ネットワークへ「メディアアーツ都市」としての加盟を認められました。
今回のワークショップは、メディアアーツを活用した創造的活動の促進とメディアアーツ都市札幌の発信を目的に、チ・カ・ホ北2条広場メディア空間の賑わいづくり事業の一環として開催するものです。

リンク先

北2条広場メディア空間"Sapporo-north2"公式ウェブサイト(外部リンク)

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市市民文化局文化部文化振興課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎4階

電話番号:011-211-2261

ファクス番号:011-218-5157