ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・芸術 > 創造都市ネットワークの活用 > メディアアーツ都市国際シンポジウム

ここから本文です。

更新日:2017年9月11日

メディアアーツ都市国際シンポジウム

札幌市は、雪まつり大雪像でのプロジェクションマッピングなど、先端的アートの活用の実績が認められて、平成25年11月に、ユネスコ創造都市ネットワークのメディアアーツ分野への加盟が認められました。
このたび同じメディアアーツ分野に加盟するアンギャン・レ・バン市(フランス)の関係者や札幌市の創造都市関係者などをお迎えし、国際シンポジウムを開催します。
パリ近郊のアンギャン・レ・バン市は、音楽、ダンス、ITなどのジャンルを融合した表現を発信する施設として評価が高い「アートセンター」を中心に、フランス最大級のデジタルアートフェスティバルを開催するなど、メディアアーツを活用したまちの活性化に取組んでいます。
アンギャン・レ・バン市の取組みやメディアアーツ都市の世界の動向に関する講演に加えて、関係者による討論により、ユネスコ創造都市ネットワークを活かしたまちづくりの可能性を明らかにします。

シンポジウムチラシ(PDF:320KB)

シンポジウムの概要

テーマ

「ネスコ創造都市ネットワークを活かしたまちづくり」

日時

平成27年2月4日(水曜日)14時30分~16時30分(開場14時00分)

会場

札幌パークホテル 1階 ザ・テラスルーム
(札幌市中央区南10条西3丁目)

プログラム

 

時間 内容 登壇者(敬省略)
14時30分~14時35分 主催者挨拶

上田文雄

(札幌市長、創造都市さっぽろ・国際芸術祭実行委員会会長)

14時35分~15時00分

基調講演

「ユネスコ創造都市ネットワークを活かしたまちづくりについて」

フィリッペ・スール

(アンギャン・レ・バン市長)

15時00分~15時25分

講演

「メディアアーツを活かしたまちの活性化について」

ドミニク・ロラン

(アンギャン・レ・バンアートセンターディレクター)

15時25分~15時45分

講演

「世界のメディアアーツ都市の状況について」

武邑光裕(創造都市さっぽろ・国際芸術祭実行委員会副会長、札幌メディアアーツラボ所長)

15時45分~16時30分

討論

「ユネスコ創造都市ネットワークを活かしたまちづくりについて」

フィリッペ・スール

ドミニク・ロラン

上田文雄

武邑光裕

※時間及び内容については、予告なく変更になる可能性がありますのでご了承ください。
※日仏逐次通訳あり。

参加料・定員

参加無料。定員は100名(先着)です。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市市民文化局文化部文化振興課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎4階

電話番号:011-211-2261

ファクス番号:011-218-5157