ホーム > 市政情報 > 政策・企画・行政運営 > IT・情報化 > 地上デジタル放送に関する取り組み

ここから本文です。

更新日:2016年9月1日

地上デジタル放送に関する取り組み

平成23年(2011年)7月24日に、従来のアナログ方式のテレビ放送は終了し、地上デジタル放送に完全移行しました。
また、国が実施していた地デジ難視聴対策のための各種支援制度は、平成27年3月末をもって終了しました。

地上デジタル放送の受信に関するお問い合わせ

地上デジタル放送の受信に関するお問い合わせ、ご相談は、北海道総合通信局へお願いいたします。

北海道総合通信局
電話011-737-0033(放送課受信障害対策官)
※受付時間は、土日、祝日及び12月29日から1月3日までを除く8時30分から12時まで、13時から17時までです。

※札幌市の施設が原因でテレビの受信障害が発生しており(いわゆる「ビル陰」)、その対策として札幌市が設置している共聴施設(アンテナ)をご利用の方が、地上デジタル放送の視聴についてお問い合わせをされる場合は、その共聴施設を管理している札幌市の部署へお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る

地上デジタル放送受信のための支援について【終了しました】

経済的な理由で地上デジタル放送が受信できない世帯に対する支援の申込受付は、平成27年3月31日(一部については平成27年6月30日)をもって終了しました。
詳細については、総務省地デジチューナー支援実施センターのホームページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

 地上デジタル放送にかかわる悪質商法にご注意ください

地上デジタル放送への移行を口実に、必要のない機器の押し売りやアンテナ交換などにより、不当な代金を要求する悪質商法にご注意ください。
ご不審の場合は、札幌市消費者センター(消費生活相談電話011-728-2121)などの相談窓口へご相談ください。

ページの先頭へ戻る

マルチメディア放送の開始に伴うテレビ受信障害について

以前のアナログ放送に使用されていたVHF帯の電波(207.5~222MHz)が、携帯端末向けの「マルチメディア放送」(通称「モバキャス」)として新たに使用されることとなり、平成24年(2012年)4月から順次サービスを開始しています。

札幌市でも、平成24年(2012年)12月からの本放送開始に向けた試験放送が平成24年(2012年)10月15日(月曜日)に始まりました。

この影響により、アンテナ設備や受信状況によっては受信障害が発生する場合があります。

 

 関連ホームページへのリンク

ページの先頭へ戻る

 お問い合わせ先

地上デジタル放送全般に関するお問い合わせ

北海道総合通信局
〒060-8795札幌市北区北8条西2-1-1札幌第一合同庁舎
受信障害(テレビ・ラジオ)電話011-737-0033(受信障害対策官)
地上放送全般電話011-709-2311(内線4665)(放送課)
ケーブルテレビ・共聴施設電話011-709-2311(内線4674)(有線放送課)
※受付時間は、土日、祝日及び12月29日から1月3日までを除く8時30分から12時まで、13時から17時までです。

共同受信施設のデジタル化改修など、共聴施設管理者、利用者からのお問い合わせ

社団法人日本CATV技術協会北海道支部
電話0120-127235
(平日10時00分~17時00分)

ページの先頭へ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市総務局情報システム部システム調整課

〒003-0801 札幌市白石区菊水1条3丁目1-5 札幌市菊水分庁舎

電話番号:011-211-2184

ファクス番号:011-211-2185