ホーム > くらし・手続き > 冬の暮らし・除雪 > 札幌市冬のみちづくりプラン > 冬のみちづくりプラン 目標2:排雪量の抑制

ここから本文です。

更新日:2013年5月2日

冬のみちづくりプラン 目標2:排雪量の抑制

 

抑える
重点施策

(1)市民・企業との協働による排雪量の抑制

(2)雪置き場の確保などによる地域内雪処理の推進

(3)雪処理施設の有効活用

現 状

道路管理延長の増加や敷地内(駐車場や屋根など)から道路への雪出しにより、排雪作業時に運ぶ雪の量が増加して、多くの除雪機械や人手、費用が必要となっています。
一方、雪対策事業において非常に重要な施設である雪たい積場は、周辺の土地利用の進展などにより、適地の確保が難しくなっています。また、効率的な雪対策を推進するため、融雪施設や流雪溝などの雪処理施設を整備してきましたが、一部の流雪溝では、沿線住民の高齢化や店舗の閉鎖などから施設が利用されていない箇所があり、交通の支障となっています。

これからの方向性

市民・企業との協働により、「排雪量の抑制(雪たい積場に運ぶ雪を少なくする)」に取り組むことが必要です。
また、雪たい積場への搬入量の削減を図るため、地域から運び出す雪の量を抑制する方策として、地域の雪は可能な限り地域で処理することが必要です。さらに、雪処理施設の有効活用に向けて、融雪施設は、雪処理能力の拡大を図るなど、機能向上に努めるとともに、流雪溝は、沿線住民の利用促進に向けた啓発活動を強化するなど、ハード・ソフトの両面で取り組みを推進する必要があります。

このページについてのお問い合わせ

札幌市建設局雪対策室計画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎8階

電話番号:011-211-2682

ファクス番号:011-218-5141