ここから本文です。

更新日:2018年10月19日

その他融資・助成制度

融雪施設設置資金の融資あっせん

間口や宅地内の雪を処理するため、宅地内に固定式の融雪槽(機)またはロードヒーティングを設置する場合に、融資限度額300万円、無利子で融資します。金融機関からの融資で無担保であるため、保証料がかかります。

申込期間(平成30年度)
4月20日(金曜日)から11月30日(金曜日)までの毎週月曜日から金曜日(祝日を除く)。ただし、融資枠(30件)に達ししだい受付を締め切ります。また、歩道部分のロードヒーティングを併せて施工する場合は10月末が期限となります。

札幌市融雪施設設置資金融資あっせん制度のご案内パンフレット(PDF:4,269KB)(申請書・完了届出書を含んでいます)

手続きの仕方や提出書類等について(word形式の申請書・完了届出書ダウンロードサービスのページへジャンプします)

小型除雪機購入費の補助

平成30年度の予定額に達したため、受付を終了しました。

町内会又は除雪ボランティアを行う団体が小型除雪機等を購入する場合、購入金額の一部を補助をします。
ただし、予算額に達し次第受付を締め切ります。
パンフレット(PDF:148KB)

1.補助対象
・町内会
・除雪ボランティアを行う団体(NPO・ボランティア団体・地域組織など)
 ※個人への補助は行っておりません。

2.対象機械
安全装置を備えたハンドガイド型除雪機械
 ※販売業者以外からの購入の場合は補助対象となりません(個人売買など)。

3.補助額
購入金額の1/2(上限50万円)

4.条件
(1)市道で行う地域の除雪活動を基本として使用すること。
(2)補助を受けてから3年間は当該機械により除雪活動を行うこと。
(3)補助を受けてから3年間、毎冬一回実績報告書を提出すること。

5.申込書類
(1)申請書(様式1)申請書(様式1)(PDF:22KB)
 ※団体の代表者名(町内会長など)で申請願います。
(2)購入しようとする除雪機械の見積書および仕様書(カタログ等)
(3)除雪機械により除雪を実施する場所の地図(使用目的も併記してください)
【使用目的の例】
・雪山で狭くなった生活道路の幅を広げる作業
・市が除雪対象としていない生活道路(車道又は歩道)の除雪
・高齢者や障がい者宅周りの除雪(福祉除雪を含む)
・消火栓やごみステーション周りの除雪 など

6.注意事項
(1)市の除雪活動について雪置きなどを理解し、支障とならないように地域の除雪活動をおこなってください。
(2)作業による事故等については使用者の責任となります。安全に十分注意してください。
(3)購入予定日から2週間以上前にお申し込みください。

7.申し込み先
札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎8階北側
札幌市建設局雪対策室計画課

 

福祉除雪

近年の核家族化と高齢化の進展のなかで、自力で自宅の周辺の除雪が困難な高齢の方や身体障がいのある方のみで構成される世帯が増加しており、今後も増加していくことが予想されます。

このような高齢の方や身体障がいのある方が、冬期間、住み慣れた地域で安心して快適に生活できるようにと、平成12年度から福祉除雪事業の試行実施をはじめ、翌13年度に市内全域に対象地区を拡大し、15年度から継続的な事業として実施しています。

この事業は、多くの市民の参加・協力といった、地域における支え合いにより成り立っています。

なお、実際の事業展開については、地域福祉活動の推進機関であり、公共的団体でもある札幌市社会福祉協議会が実施主体として活動しています。

関連ページ

福祉除雪について(保健福祉局総務課のページへジャンプします)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市建設局雪対策室計画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎8階

電話番号:011-211-2682

ファクス番号:011-218-5141