ここから本文です。

更新日:2013年4月2日

都心北融雪槽

都心北融雪槽は、札幌駅北口広場総合整備事業の一環として、地下駐車場や公共地下歩道と併せてつくられ、冷暖房プラントの熱を利用して雪を解かします。これにより、排雪用ダンプトラックの運搬距離が短縮され、運用効率が高まるとともに、都心機能が集中し公共性の非常に高い都心部の冬期交通確保が図られます。また、夏季は災害時の防火用水槽として活用します。

都心北融雪槽のイメージ図都心北融雪槽の断面図


施設の概要

施設概要
位置 札幌市北区北7条西3丁目(JR札幌駅北口駅前広場) 全景
投雪時
事業 雪寒地域道路事業
供用開始 平成10年2月
槽の容量 4,000m3、(幅23m×長さ33m×水深6m×1池)
熱源 エネルギープラント(札幌エネルギー供給公社)
融雪能力 4,000m3/日(ダンプトラック約290台)
投雪口 4ヵ所
放流先 公共下水道

このページについてのお問い合わせ

札幌市建設局雪対策室計画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎8階

電話番号:011-211-2682

ファクス番号:011-218-5141