ホーム > くらし・手続き > 冬の暮らし・除雪 > 生活道路の排雪支援制度

ここから本文です。

更新日:2017年1月26日

生活道路の排雪支援制度

生活道路の排雪は、支援制度を設けています

 市では、およそ5,400㎞の道路を除雪しており、このうち、交通量が多い幹線道路や一部の通学路およそ1,600㎞を排雪しています。限られた予算や人材、機械の中で除排雪を行っているため、全ての生活道路の排雪を行うことはできません。
  排雪を行うことで、雪かきがしやすくなり、雪解けも早くなるなど、より快適な冬期生活環境が得られるため、排雪を望む声はとても多くあります。市では、このような声に応えるため、「市民助成トラック制度」と「除雪パートナーシップ制度」の2つの制度を設けています。
 「市民助成トラック制度」は昭和40年代に始まり、地域の住民が排雪を行う場合、運搬に必要なトラックを無償で貸し出す制度であり、雪の積込作業や交通誘導、地域内の調整等は地域住民が行います。これに対し、平成4年から始まった「除雪パートナーシップ制度」は、地域で行っていた雪の積込作業や交通誘導などの負担を減らし、より利用しやすくした制度です。
 「制度を利用するかどうか」、「どちらの制度を利用するか」は、地域の実情に合わせて選択していただいています。
 「除雪パートナーシップ制度」を利用する団体は、平成26年度に1,200件を超え、その実施延長は、市で排雪を行っていない道路の6割を超えています。

排雪支援実績グラフ

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市建設局雪対策室計画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎8階

電話番号:011-211-2682

ファクス番号:011-218-5141