ホーム > くらし・手続き > 冬の暮らし・除雪 > 融資・助成制度 > 除雪パートナーシップ制度

ここから本文です。

更新日:2014年4月15日

除雪パートナーシップ制度

除雪パートナーシップ制度

除雪パートナーシップ制度は、地域住民の皆さん・除雪業者・札幌市の3者がそれぞれの役割を分担し、連携協力しながら住宅街の道路(生活道路)の運搬排雪を実施して、冬季間の生活環境を向上させることを目的としています。

「除雪パートナーシップ制度」による費用の役割分担

道路幅10m未満の道路は地域と市の双方が費用を受け持つため、地域支払額が発生します。

道路幅10m以上の道路は、札幌市が費用を受け持ちます。

ただし、申請が道路幅10m以上の道路のみの場合は、地域と市の双方が費用を受け持つこととし,地域支払額が発生します。

「市民助成トラック制度」との重複利用はできません。

※平成25年度の1km当りの地域支払額は431,100円です。

道路幅10m未満の道路は地域と市の双方が費用負担をし,道路幅10m以上の道路は、市が費用負担します。

排雪幅と残雪厚

この制度では排雪対象部分を設定しています。対象部分以外の雪は排雪しませんのでご協力お願いします。

道路幅員 4.0m以上8.0m未満 8.0m以上
排雪幅 機械で施工で実施可能な排雪幅
(最大6.0m程度)
6.0m程度

※気象条件や路上駐車などの状況によっては、残す厚さや排雪幅が変わることがあります。
※平成20年12月1日改定

道路幅員8メートルの場合,排雪対象幅は6メートルとなります。路面の残雪厚は10cm程度です。


注意事項とお願い

この制度の利用は、シーズンを通じて1回とします。

市民助成トラック制度との重複利用はできません。

中止する場合は実施予定日の7日前までに、各区土木部維持管理課にご連絡ください。

作業実施日は原則として月曜日~土曜日とします。

路上駐車、ゴミ収集場所などの整理をお願いします。

道路の雪の排雪を行うもので、個人や企業が処理すべき宅地内・屋根・駐車場などから出される雪は対象となりません。自宅敷地内の雪を道路へ出さないようお願いします。

経費など申請内容については、町内会役員など申請の代表者にお問合せください。

道路の雪の排雪を行うもので、個人や企業が処理すべき宅地内・屋根・駐車場などから出される雪は対象となりません。自宅敷地内の雪を道路へ出さないようお願いします。


地域支払額

平成25年度の地域支払額:1km当り431,100円

申込期間

平成26年度のお申し込み期間については、決まり次第お知らせいたします。
(参考:平成25年度のお申し込み期間は平成25年12月20日(金曜日)から平成26年1月10日(金曜日)まで)

申込先

各区土木部維持管理課へ。

相談・問合せ

雪対策室事業課各区土木部維持管理課、またはお住いの地区の除雪センター(冬期間のみ)へ。


このページについてのお問い合わせ

札幌市建設局雪対策室計画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎8階

電話番号:011-211-2682

ファクス番号:011-218-5141