ホーム > くらし・手続き > 冬の暮らし・除雪 > 冬を学ぶ・知る > さっぽろ雪の絵本 > 雪国らしい暮らし方を、もう少し考えてみたらどうだろうね?

ここから本文です。

更新日:2011年7月22日

雪国らしい暮らし方を、もう少し考えてみたらどうだろうね?

町内会長

雪国らしい暮らし方を、もう少し考えてみたらどうだろうね?

冬はマイカー通勤を控えるのも一つの手だね

除雪されていても、冬道では、ドライバーはスピードを落として運転するので、雪のない季節と同じ交通量だったら、道路は渋滞してしまいます。
冬の道路環境の改善には、除排雪を充実させることも大切ですが、なるべくマイカーの利用を控え、交通量を減らすことが必要です。みんなで交通量を減らせば、バスも走りやすくなり、通勤・通学時間の短縮にもつながります。

滑りやすい冬の道路は、渋滞しがちに

雪が積もっていてもしっかり歩けるように冬靴は長めがいいよね。

冬の外出時の服装。帽子、手袋、長靴

「除雪を充実させて欲しい」。そう思う理由のひとつは、足元のせいではありませんか。
そういえば、冬に長靴をはいている人、あまり見かけなくなりましたね。
ファッションも大切ですが、冬ならではの装いを工夫してみましょう。
長めであたたかい靴なら、雪が多少積もっても、それほど気にならないはずです。帽子や手袋もしっかり着用したいですね。

みんな:雪の問題は毎年のことみんなで力を合わせていきたいね

 

前のページへ戻る前のページへ

次のページへ次のページへ進む

このページについてのお問い合わせ

札幌市建設局雪対策室計画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎8階

電話番号:011-211-2682

ファクス番号:011-218-5141