ホーム > くらし・手続き > 冬の暮らし・除雪 > 冬を学ぶ・知る > さっぽろ雪の絵本 > 地域で助け合う雪対策って、どんなことをすればいいのかな?

ここから本文です。

更新日:2011年7月22日

地域で助け合う雪対策って、どんなことをすればいいのかな?

ママ

冬道を快適に使うために、普段気をつけることは?

冬を安全・快適に過ごすために、守っていただきたいルールがあります。

豊かな冬の暮らしを実現するには、みんなでルールを守ることが大切です。
さて、イラストの中には、ルール違反が4つあります。
どこなのか、なぜなのか、みんなで一緒に考えてみましょう。

みんなで考えよう!間違いさがし
間違いさがしのイラスト

 

 

答え

(1)道路に向かってそり遊びをするユキオくん

道路への飛び出しは危険!
道路の両側に積まれた雪山で遊ぶ子どもたちもいますが、道路へ飛び出すのは大変危険です。絶対にやめましょう。

 

 

(2)道路に停めてある車

 

路上駐車はやめよう!
作業のじゃまになったり、車に傷をつけてしまったりする危険があるため、除雪できないことがあります。

 

 

(3)道路に向かって雪を出しているパパ

 

道路へは雪を出さないで!
道幅が狭くなったり、凹凸になったりして、交通事故や渋滞の原因になります。せっかく除雪しても、これでは意味がありません。

 

 

(4)ゴミの日でもないのに捨てるママ

 

ゴミは決められた日の除雪後に!
除雪が終わる前にゴミを出すと、ゴミの混じった雪が排雪されて河川などを汚す原因になります。

 

前のページへ戻る前のページへ

次のページへ次のページへ進む

このページについてのお問い合わせ

札幌市建設局雪対策室計画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎8階

電話番号:011-211-2682

ファクス番号:011-218-5141