ホーム > くらし・手続き > 冬の暮らし・除雪 > 冬を学ぶ・知る > さっぽろ雪の絵本 > 歩道のつるつる路面対策は、どうなっているの?

ここから本文です。

更新日:2011年7月22日

歩道のつるつる路面対策は、どうなっているの?

お惣菜屋のおばさん

歩道のつるつる路面対策は、どうなっているの?

おばあちゃん:冬道は怖くてねぇ

人通りの多い歩道を中心に、滑り止め材を散布しているんだ。

冬の歩道を歩いていると、不便や危険を感じることがありますよね。
このため、歩行者の多い公共施設やJR駅、地下鉄駅周辺などの歩道を対象に、滑り止め材を散布しています。
散布は主に人の手で行っていますが、一部では機械でも散布しています。

滑り止め散布車(歩道用)
滑り止め散布車(歩道用)

ケーススタディ:お年寄りの転倒事故が増えています

氷に傷をつける滑り止め:歩道の表面に傷をつけて滑りにくくする歩道除雪車も開発され、一部の地域で使用されています。

お惣菜屋のおばさん:助かるねぇ、おばあちゃん:でも気をつけて歩かなきゃ

 

前のページへ戻る前のページへ

次のページへ次のページへ進む

関連リンク

凍結路面対策
ツルツル路面解消へ向けた凍結路面対策の紹介

このページについてのお問い合わせ

札幌市建設局雪対策室計画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎8階

電話番号:011-211-2682

ファクス番号:011-218-5141