ホーム > くらし・手続き > 冬の暮らし・除雪 > 冬を学ぶ・知る > さっぽろ雪の絵本 > 排雪支援制度って、もっと増やせないの?

ここから本文です。

更新日:2011年7月22日

排雪支援制度って、もっと増やせないの?

町内会長

排雪支援制度って、もっと増やせないの?

制度の意味をもう一度考えていただけませんか。

道路の除雪や排雪は、通勤や通学、物流などを支え、冬の都市機能を確保するために行っているものですが、予算や機械などに制約があるため、市では交通量の多い幹線道路などでのみ排雪を行っています。
とはいえ、自宅前の道路を排雪し、冬を快適に暮らしたいと願うみなさんからの要望も多いことから、排雪支援制度を設けているのです。幹線道路の排雪は都市の活動を支えるために不可欠ですが、生活道路の排雪は、冬の豊かな暮らしを支援するものなのです。

制度を続けるためにも、ルールを守ってくださいね。

もし、排雪の日に、ご家庭の屋根や庭、駐車場の雪を出してしまうと、排雪量は増えるばかり。ダンプや除雪機械、作業員の数からいっても、庭などの雪まで排雪することはできません。
制度を継続していくためにも、ご協力をお願いします。

守ってください。注意事項とお願い

雪だしはやめましょう

排雪支援制度の利用はひと冬を通じて1回となっています。また、両制度の重複利用はできません。

路上駐車やゴミ収集場所の整理などは、地域でお願いします。

この制度は、道路の雪の排雪を行うもので、個人や企業が処理すべき宅地内・屋根・駐車場などから出される雪は対象となりません。

みなさんの排雪時期の希望は一時期に集中するため、市が日程を調整しています。

 

前のページへ戻る前のページへ

次のページへ次のページへ進む

 

関連リンク

除雪パートナーシップ制度
市民助成トラック貸出制度

このページについてのお問い合わせ

札幌市建設局雪対策室計画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎8階

電話番号:011-211-2682

ファクス番号:011-218-5141