ホーム > くらし・手続き > 冬の暮らし・除雪 > 冬を学ぶ・知る > さっぽろ雪の絵本 > 「除雪」と「排雪」、「幹線道路」と「生活道路」について

ここから本文です。

更新日:2011年7月22日

「除雪」と「排雪」、「幹線道路」と「生活道路」について

除雪を行う道路と排雪を行う道路

「除雪」は、主に雪をかき分ける作業で、機械で除雪のできる道路が対象となります。
一方、道路の雪山を雪たい積場などへ運ぶ「排雪」という作業は、たくさんの人手と機械、多くの費用が必要なため、すべての道路で行えるわけではありません。
市が行う「排雪」は、バス通りなどの幹線道路や一部の通学路に限定しています。

  幹線道路 通学路 生活道路
除雪








排雪







(*支援制度あり)

△:一部で実施

幹線道路と生活道路の違い

道路を大きく分けると、幹線道路と生活道路の2つ。それぞれの役割も雪対策の目標も違います。
都市活動を支える幹線道路は、車の流れへの気配りが必要で、道幅はなるべく広くしたいもの。
一方、地域に密着した生活道路は、幹線道路まで通行できる幅が最低限確保できればよいのではないでしょうか。
このレベルの差は、限られた予算を有効に使うための工夫なのです。


幹線道路:バスなどが通る大きな道路、生活道路:住宅街の道路

前のページへ戻る前のページへ

次のページへ次のページへ進む

このページについてのお問い合わせ

札幌市建設局雪対策室計画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎8階

電話番号:011-211-2682

ファクス番号:011-218-5141