ここから本文です。

更新日:2017年8月17日

交付金事業

社会資本整備総合交付金について

1.経緯・概要

平成22年度に、国土交通省所管の地方公共団体向け個別補助金を一つの交付金に原則一括し、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交付金として、新たに社会資本整備総合交付金が創設されました。これは活力創出、水の安全・安心、市街地整備、地域住宅支援といった政策目的を実現するため、地方公共団体が作成した社会資本総合整備計画に基づき、目標実現のための基幹的な社会資本整備事業(基幹事業)のほか、関連する社会資本整備(関連社会資本整備事業)やソフト事業(効果促進事業)を総合的・一体的に支援する制度です。

平成24年度には、国民の命と暮らしを守るインフラの老朽化対策及び事前防災・減災対策の取組み及び生活空間の安全確保に資する事業に特化した交付金として防災・安全交付金が創設されました。

社会資本整備総合交付金について(国土交通省のホームページ)(外部リンク)

2.社会資本総合整備計画とは

社会資本整備総合交付金により事業を実施しようとする地方公共団体は、目標や目標実現のための事業等を記載した社会資本総合整備計画を作成し、国土交通大臣に提出することとなっています。(計画期間はおおむね3~5年)(社会資本整備総合交付金交付要綱第8)

この計画を作成したときは公表し、また交付期間の終了後は、事後評価を行って公表するとともに、国土交通大臣へ報告することとなっています。(社会資本整備総合交付金交付要綱第10)

3.札幌市の社会資本総合整備計画(道路事業)

【社会資本総合整備計画】

計画名称

計画期間

公表資料

快適な市民生活と北海道経済の発展を支える

道路交通ネットワークの構築

平成26年度~平成30年度

整備計画(PDF:3,562KB)

事前評価(PDF:76KB)

~人に優しいまち~を実現する道路空間の安全・安心

平成26年度~平成30年度

整備計画(PDF:6,912KB)

事前評価(PDF:73KB)

 

【交付期間が終了した社会資本総合整備計画の事後評価】

計画名称

計画期間

公表資料

安全・安心な活動を支える都市機能の向上

平成21年度~平成25年度

事後評価(PDF:592KB)

安全・安心な活動を支える都市機能の向上(防災・安全)

平成21年度~平成25年度

事後評価(PDF:1,770KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市建設局土木部道路課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎8階

電話番号:011-211-2617

ファクス番号:011-218-5137