ここから本文です。

更新日:2011年2月24日

環状通エルムトンネル

環状通エルムトンネル

環状通エルムトンネルは、北海道大学キャンパスの地下部分にトンネル方式で道路をつくり、地上部分には歩道を設けて、車道と歩道を別々につくりました。この環状通エルムトンネルが開通することにより、交通面では渋滞は大幅に緩和され、歩行も安全になり、道路事情は格段に向上します。環境面でもトンネル方式を採用することによって、大学周辺の貴重な動植物など、環境への影響も最小限にとどめるように工夫を凝らしています。

さらに地上部の歩行者・自転車ゾーンは散策路的に整備し、人々に自然との触れ合いをもたらす憩の場を誕生させます。また、北海道大学は災害時の避難場所に指定されていますが、歩行者用道路と車道を上下に分けることにより、それぞれが経路を安全に確保できるように計画されています。

北海道大学周辺の豊かな自然と歴史を守りつつ、より快適でより安心な生活環境を創造し、ささえる道路として環状通エルムトンネルが整備されました。

 

札幌市のトンネル一覧に戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市建設局土木部道路課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎8階

電話番号:011-211-2617

ファクス番号:011-218-5137