ホーム > 観光・産業・ビジネス > 経済・産業 > 総合特区制度について

ここから本文です。

更新日:2016年9月29日

総合特区制度について

「北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区」及び「札幌コンテンツ特区」が総合特別区域として指定されました!

札幌市では、平成23年9月30日、政府に「北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区」及び「札幌コンテンツ特区」の総合特別区域の指定申請を行い、平成23年12月22日、両特区が内閣総理大臣より「総合特区区域」として指定されましたので、お知らせいたします。

総合特区制度は、新成長戦略を実現するための政策課題解決の突破口として、国際競争力の強化、地域の活性化のための包括的かつ先駆的なチャレンジに対し、規制の特例措置、税制・財政・金融上の支援措置などにより総合的に支援する制度です。

全国各地から国際戦略総合特区は11件、地域活性化総合特区は77件の申請があり、国際戦略総合特区は7件、地域活性化総合特区は41件が総合特別区域として採択されております。

採択された各特区の内容は次をご覧ください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局国際経済戦略室経済戦略推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2481

ファクス番号:011-218-5130