ホーム > 観光・産業・ビジネス > 経済・産業 > 映像産業の振興 > 平成30年度札幌学生映像コンテスト > 平成29年度札幌学生映像コンテスト > 平成29年度札幌学生映像コンテスト関連イベントが開催されます(終了しました)。

ここから本文です。

更新日:2018年7月11日

平成29年度札幌学生映像コンテスト関連イベントが開催されます(終了しました)

札幌学生映像コンテストの運営事務局である北海道文化放送株式会社の主催で、コンテストの題材の一つとなった「さっぽろ文庫」をテーマとした朗読会が開催されます。

「札幌学生映像コンテスト」で入賞した作品の映像も登場します。是非会場まで足をお運びください。

詳しくは北海道文化放送株式会社(UHB)のホームページをご覧ください。

イベント名

札幌クロニクル~さっぽろ文庫・朗読会~

内容

明治2年に島判官が札幌本府建設に着手して以来、150年の歴史を歩んできた札幌。

その歴史と風土の中で生まれ育った芸術、文化、社会、自然の諸相を資料や証言などで構成し、昭和52年に刊行された「さっぽろ文庫」全100巻。

北海道文化放送株式会社で放送中の番組「札幌クロニクル」はそこに収められた膨大な記録から、札幌の過去・現在・未来をつなぐエピソードを、出演の松本裕子が現地に赴いて朗読し、今も街に残る痕跡を辿って紹介する”小さな旅”です。

番組で紹介したエピソード以外にも、北海道の文化や歴史に詳しいライター井上美香をゲストに、我が街を旅したくなるようなとっておきの話をトークと朗読で紹介します。

資料映像や資料写真のほか、「札幌クロニクル」で撮影した高精細な4K映像をスクリーンに投影。「札幌学生映像コンテスト」で入賞した作品の映像も登場します。柔軟な発想やアイデアを持つ学生たちの新しい視線で切り取られた「さっぽろ」の映像にも注目です。

朗読のピアノ伴奏に、「札幌クロニクル」のオリジナル劇伴を担当した新田あつこが参加。北菓楼札幌本館に置かれた真っ白な美しいピアノで、番組の主題歌のほか懐かしい名曲などを披露します。

日時

平成30年1月20日(土曜日)17時15分開場

平成30年1月20日(土曜日)17時30分開演

場所

北菓楼札幌本館2階カフェ(札幌市中央区北1条西5丁目1-2)

入場

無料(抽選で35名を招待)

応募方法

ハガキに郵便番号、住所、氏名、年齢、性別を明記のうえ、お申し込みください。

応募締切

平成30年1月8日(月曜日)

 

問い合わせ先・申込先

〒060-0001

札幌市中央区北1条西14丁目UHB内6階

株式会社トップ・クリエーション内さっぽろ文庫の世界・朗読会事務局

電話番号:011-214-5225(平日10時~17時)

ホームページ:https://uhb.jp/roudokukai/?pcflg=on

主催

主催:北海道文化放送株式会社

協力:北菓楼

 

 

ページの先頭へ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局国際経済戦略室IT・クリエイティブ産業担当課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2379

ファクス番号:011-218-5130