ホーム > 観光・産業・ビジネス > 経済・産業 > 札幌スタイル > 札幌スタイル・ニュース一覧 > 札幌スタイルセミナー~札幌×高岡 地域ブランドの新たな展開~

ここから本文です。

更新日:2016年3月16日

札幌スタイルセミナー~札幌×高岡 地域ブランドの新たな展開~

デザイン、品質、そしてなにより「札幌らしさ」にこだわり、「ものづくり」から札幌の魅力を発信してきた地域ブランド「札幌スタイル」。

ブランド発足から10年を経て、改めて札幌の価値を考える中で見えてきた、新しいカタチ。

今回のセミナーでは、かつて北前船で北海道と交流のあった富山県高岡市の伝統工芸と連携した取組を紹介しながら、基調講演、事例発表、パネルディスカッションをとおして、参加者の皆さまと一緒に「これからの札幌スタイル」を考える機会にしたいと考えています。

セミナー報告

平成28年3月11日(金曜日)、クロスホテル札幌において札幌スタイルセミナー~札幌×高岡 地域ブランドの新たな展開~を開催しました。当日は登壇者を含めて約80名の方にご参加いただき、セミナー・交流会ともに盛況のうちに終えることができました。

簡単ではありますが、当日の様子をご報告します。

セミナー会場

セミナーは、3階レストラン「アゴーラ」を会場にお洒落な雰囲気の中で開催しました。

基調講演_能作克治氏

「あきらめずに続ける」「楽しく仕事をする」という(株)能作の能作氏の講話、かつての夢を叶え、また新たな夢に向かうその姿勢に、会場には笑いと感動が広がりました。

澪工房_南氏

(株)山口久乗との共同製品開発について発表した(有)澪工房の南氏。

コラボ商品_木の音

木枠とおりんを組み合わせた「KINONE(木の音)」(写真左)。右は昨年(有)モメンタムファクトリー折井と共同開発した北前船 小箱。

24K_高瀬氏

(株)能作との共同製品開発について発表した(株)24Kの高瀬氏。

コラボ商品_鹿革ホルダー

能作製の錫100%ビアカップに合わせて制作した「鹿革ホルダー」。防水加工を施したエゾシカ革を使用し、錫の冷たさや結露を防ぐ効果もあります。

アトリエ・モノゴト_ヨシダ氏

(株)KANAYAとの共同製品開発について発表したアトリエ・モノゴト一級建築士事務所のヨシダ氏。

コラボ商品_雪華

高岡銅器の技術を結集して制作した花器「雪華(SEKKA)」。3方向から花を活けた様子は、雪解け後に一斉に芽吹く花のような生命力を感じます。

パネルディスカッション

パネルディスカッションでは、札幌のメーカー、高岡の問屋、東京のバイヤーそれぞれの立場から、今後の連携についてお話しいただきました。

新規認証製品展示

2階ロビーでは、今年度の新規認証製品を展示。

交流会

会場を2階バーラウンジに移して交流会を開催。高岡クラフト市場街の松原実行委員長にもご挨拶いただきました。

 

事業概要※終了しました

  • 日時:平成28年3月11日(金曜日)
  •  【受付・開場 13時30分~/セミナー 14時00分~17時00分/交流会 17時30分~19時00分】
  • 会場:クロスホテル札幌(札幌市中央区北2条西2丁目)
  •  【受付 2階ロビー/セミナー 3階レストラン/交流会 2階ラウンジバー】
  • 参加費:セミナー 無料/交流会 2,000円
  • 定員:セミナー 100名(先着順) /交流会 50名(先着順)
  • 主催:札幌市/札幌スタイル機構
  • 詳細はパンフレット(PDF:1,507KB)もご覧ください。

セミナープログラム

基調講演「素材とデザインで市場を拓く」

能作克治氏

<講師>

株式会社能作 代表取締役 能作 克治氏

<プロフィール>

1958年福井県生まれ。新聞社勤務を経て1984年能作入社、2002年同社代表取締役就任。伝統工芸である仏具の売上が低迷する中、2003年から錫(100%) の鋳物、主にキッチンウエアの製造を開始。2004年オリジナルデザインの真鍮風鈴が松屋の「デザインコレクション」に選定される。現在は日本橋三越店、松屋銀座をはじめ国内外で直営店を9店舗展開。高岡の伝統産業の牽引役として活躍している。2007年経済産業省地域産業活用事業計画第1号認定、2013年「第5回ものづくり日本大賞 経済産業大臣賞」受賞。

ロゴマークKAGO風鈴

事例発表「札幌×高岡 地域の魅力を引き出すコラボ商品開発」

<発表者>木の音

有限会社澪工房 代表取締役 南 勝重氏

【今回の連携先企業】 株式会社山口久乗

【開発中の商品】 KINONE(木の音)

【主な札幌スタイル認証製品】 北前船シリーズ 北前船 小箱

鹿革ホルダー

株式会社24K 代表取締役 高瀬 季里子氏

【今回の連携先企業】 株式会社能作

【開発中の商品】 鹿革(エゾシカ革)ホルダー〈ビアカップ用〉

【主な札幌スタイル認証製品】 EZO/slashシリーズ雪華

Atelier Monogoto一級建築士事務所 代表 ヨシダオサム氏

【今回の連携先企業】 株式会社KANAYA

【開発中の商品】 雪華(SEKKA)

【主な札幌スタイル認証製品】 north direction コノハ(スタンド)

 

パネルディスカッション「札幌×高岡 地域連携によるものづくりの可能性」

<パネリスト>

  • 附柴 裕之氏
  •  【札幌スタイル機構 理事】
  •  【株式会社Savon de Siesta 取締役会長、株式会社GEL-Design 常務取締役】
  • 國本 耕太郎氏
  •  【高岡漆器株式会社4代目】
  •  【高岡クラフト市場街副実行委員長】
  • 石黒 浩也氏
  •  【株式会社三越伊勢丹 呉服・美術統括部 美術商品部付 新規MD開発担当マネージャー】

<進行>

  • 鹿島 千穂氏 【フリーアナウンサー】

交流会

  • 時間:17時30分~19時00分
  • 会場:2階ラウンジバー「ミートラウンジ」
  • 会費:2,000円

セミナー終了後に立食形式の交流会を行います。セミナー講師や認証製品を持つ企業・作家と交流する機会としてご活用ください。

※セミナーとは別にお申込みが必要となります。

製品展示

  • 時間:13時30分~19時00分
  • 会場:2階ロビーラウンジ

札幌スタイル認証製品の一部及び事例発表で紹介したコラボ開発商品を展示します。セミナー開始前や交流会の際にぜひご覧ください。

申込方法※受付は終了しました。

札幌市コールセンターへ電話・FAX・Webのいずれかでお申し込みください。

<札幌市コールセンター> 年中無休、受付時間8時00分から21時00分まで

<申込期間>

2月11日(木曜日)から3月2日(水曜日) ※期間内に先着順で受付けますので、ご注意ください。

<申込必要事項>

  1. 参加行事名(札幌スタイルセミナー)
  2. 参加者氏名(漢字、カナ)
  3. 会社名(お勤めしている方のみ)
  4. 電話番号(日中連絡のとれるお電話番号)、FAX番号(FAXでお申込みの方)
  5. メールアドレス(任意)
  6. 参加項目(セミナー・交流会のいずれか、または両方)
  7. 講師やパネリストに対する質問などがあればお知らせください。
  • ※市外にご勤務、居住の方も参加可能です。
  • ※交流会に参加の方は、会費2,000円を当日受付にて現金でお支払いください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局産業振興部立地促進・ものづくり産業課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2362

ファクス番号:011-218-5130