ホーム > 観光・産業・ビジネス > 企業への支援 > 製造業への支援 > ものづくり学校祭2017(終了しました)

ここから本文です。

更新日:2017年8月8日

ものづくり学校祭2017(終了しました

ものづくり学校祭2017とは

 「ものづくり学校祭2017」とは、市立札幌開成中等教育学校を舞台に開催する、まるで文化祭のようなイベントです。 市内ものづくり関連企業や大学・専門学校が学校内の様々な教室に”体験型”で出展します。(参加対象:主に市内高校1年生)

 5つのキーワード「ものづくり」、「IT」、「たべもの」、「エコ」、「バイオ」に関連する出展を体験し楽しんでもらうことで、地元企業を知ってもらったり、ものづくりの楽しさや意義を感じてもらうだけではなく、今の学びがどのように将来に繋がっているのかを実感していただきます。

 1 開催日時

平成29年7月31日(月曜日)13時00分~17時00分(予定)

2 会場

札幌市立開成中等教育学校(札幌市東区北22条東21丁目1の1)

シャトルバスのご案内(札幌駅⇔会場)(PDF:342KB)

3 対象者

札幌市内の主に高校1年生

 

4 主催

札幌市

企画協力:株式会社マイナビ(マイナビ進学 未来ビュープロジェクト)

出展内容

 

各キーワードごとの出展内容

キーワード

 ものづくり

ものづくり

 

 株式会社イチムラ

『キミの前のイチムラ君』

1.

「MADE IN KIKKAKE」

~キミならどんな時にピン!とくる?

  • ブックスタンド「コルデ」ができるまで。
2.

2.「MADE IN JIBUNのイスづくり」

 ~キミが作る!モノづくりの面白さ~

  • 梱包用PPバンドを使用した『あみあみ椅子』座面の編み込みワークショップ
3.

3.「MADE IN ICHIMURA」

 ~キミのツクエとイスができるまで~

  • 机・椅子の製作現場映像展示(過去のTV取材映像展示コーナー)
4.

4.「MADE IN MIRAI」~キミなら何になる?~

  • 写真撮影【顔ハメ】 イチムラ工場背景をバックに顔ハメ写真撮影

イチムラ

体験人数

10名/回
所要時間 90分/回
実施回数

 1回目:13:30~、2回目:15:15~

場所 理科1教室(2F)

株式会社Will-E

  • 寒冷地EV「NEICLE」の展示
  • 3Dデジタルスキャンと3Dプリント体験
  • 2Dデジタルスキャンとお絵かきロボット体験

WILL-E1 

WiLL-E2

体験人数

4~6名/回

所要時間 30分/回
実施回数 5回 
場所

EV展示・・・屋外

その他の体験・・・カフェラウンジ(1F)

 

 

札幌エレクトロプレイティング工業株式会社

「電気化学をチョッと覗いてみよう!!」~めっきから知る世界~

小学校の理科単元で、「水溶液」の勉強をしてきました。その事が社会にどう役立っているかを「電気めっき」の技術を使って、是非体験してください。 

SEP

体験人数 24名/回
所要時間 70分/回
実施回数

3回

場所 実験室4(2F)

株式会社札幌教材製作所

”身近なもので黒板をつくってみよう!!”

身近にある雑貨に黒板塗料を塗って黒板を作る。

(例)アルミ缶、ティッシュボックス、缶ケース

札幌きゅざい

体験人数 5名/回
所要時間 10分/回
実施回数

16回程度

場所 木工造形室(3F)

 

株式会社土谷製作所

3DCADを使った製図体験とステンレス研磨体験

STEP1 「3D」CADを使って実際にモデルを書く体験をしてもらいます。
STEP2 書いたモデルの部品を実際に研磨し、ステンレスを輝かせてください。ものづくりを肌で感じてください。

土谷

体験人数 4名/回
所要時間

20

分/回

実施回数

16回程度

場所 金工造形室(3F)

~地域と共に未来を築く~一二三北路株式会社

建設業における”VR&AR"体感!

建設現場を3Dモデリングした”VR(仮想現実)&AR(拡張現実)を体感する事で、現地へ臨場しなくとも体感することが出来る!

キミもモノづくり技術者を仮想し現実しよう!

一二三

体験人数 VR・・・1名/回、AR・・・1名/回
所要時間

5分/回

実施回数

随時実施

場所 社会3教室(1F)

 

モリタ株式会社

「パッケージデザインを知ろう!つくろう!」

デザイン好き必須!スイーツなどの紙箱パッケージをプロが解説。牛乳パックリサイクル紙によるオリジナルボックス制作ワークショップも行います。(※好きなデザインパッケージ持ちこみ可。解説します!)

モリタ

体験人数 15名/回
所要時間

50分/回

実施回数

4回程度

場所 数学9教室(2F)

株式会社ヤブシタ

ものづくりで北海道から世界へ

エアコンの排熱を最適化し都市部のエアコン配置問題を解決するヤブシタの気流解析技術・ものづくり技術をVRによってリアルに紹介致します。

ヤブシタ

体験人数 1名/回
所要時間

5分/回

実施回数

随時実施

場所 社会4教室(1F)

 

千歳科学技術大学

「素材からつくる、新しい光・電子デバイス」

千歳科学技術大学では、光・電子デバイスの作製やその素材となる分子や材料の開発を行っています。

科技大のブースで、デバイス作製に使われる色々な素材の特性や材料の機能、電子回路の製作例を体感してみましょう。

千歳科学技術大学 

 実施回数

随時実施
場所 数学2教室(2F)

 

株式会社馬場義肢製作所/北海道医療大学

医療現場のものづくり~義肢装具編~

義肢ってきいたことありますか?義肢とは、外傷や病気で手足などを失った際に用いる人工手足です。今回は、医療現場のものづくりとして、義肢製作所の方に色々とお話を聞いてみましょう。義肢体験もありますよ。

 北海道医療大学

体験人数 20名/回
所要時間

30分/回

実施回数

4回程度

場所 実験室5(2F)

 

北海道科学大学

キラキラ光る発電器

プラスチック容器とビー玉、LEDと圧電素子を使って振るとキラキラ光る発電器を作り、しくみを知ろう!!

北海道科学大

体験人数

12名/回

所要時間

45分/回

実施回数

4回程度

場所 社会6教室(1F)

室蘭工業大学

 オリジナルキーホルダー製作

カントリーサインのペーパーウェイト製作

キーホルダーは木型とシリコンシート、カントリーサインは木型と砂型を使用し鋳型を作りそこに溶けた金属(錫)を流し込み鋳物を作る鋳造体験。

その他、ものづくりに関する実物展示とパネル説明。

 室蘭工業大学

体験人数 10名/回
所要時間

60分/回

実施回数

3回程度

場所 実験室3(2F)

 IT

 

IT 

 

株式会社アレクト

VR/ARコンテンツ体験

  1. 360度カメラによる空撮映像のVR体験
  2. Kinectを使用したRoomAliveコンテンツによるAR体験

アレクト

体験人数 VR・・・1名/回、AR・・・5名/回
所要時間

各5分/回

実施回数

随時実施

場所 社会5教室(1F)

クリプトン・フューチャー・メディア株式会社

霧のスクリーンで「初音ミク」を歌い踊らせよう!

バーチャル・シンガー「初音ミク」を、霧でできたスクリーン“Thru Graph(スルーグラフ)”に空中投影!リアルタイム3DCGコントロールシステム“R3(アールスリー)”を使って、コントローラで誰でも自由に踊らせることができます!

クリプトン

体験人数

コントローラ操作・・・1名/回

観覧・・・制限なし

実施回数

随時実施

場所 多目的ホール(講堂)(2F)

 

公立はこだて未来大学

  「DESIGN YOUR FUTURE ~情報技術を活用した未来大の多彩な学びを体験しよう~」

  未来大のあなたの常識を変えるユニークな学び。今回はその中から「プログラミング」「実験」「操作」をキーワードに未来大を体験してもらいます。未来大生がプログラミングした創作ゲーム体験も!「情報系=コンピュータ」ではない、個性や発想が求められる取り組みがたくさんあるということをぜひ実感してください!

函館未来

体験人数

10名/回

所要時間

 5分~10分/回

実施回数

 随時実施

場所  実験室6(2F)

北海道情報専門学校

最新IT技術体験

最近はVR(仮想現実)技術に加え、MR(複合現実)技術と呼ばれる技術が台頭してきました。当日は、VR技術とMR技術を使用したデモを参加者に体験していただきます。

北海道情報専門学校

 

体験人数

 15名/回

所要時間

 30分/回

実施回数

 4回程度

場所 理科2教室(2F)

 

吉田学園情報ビジネス専門学校

ゲーム制作体験・VR体験

ゲームやCGのお仕事希望の人は絶対オススメ!すぐにシューティングゲーム制作が出来ます!また、最先端の映像表現技術であるHTC社VIVEでVRの至上体験も同時開催しています!吉田学園で凄すぎる体験をしよう!

yoshida

体験人数 10名/回
所要時間

30分/回

実施回数

4回程度

場所 社会1教室(1F)

 

 

 食べもの

たべもの

 

株式会社きのとや

きのとやのパティシエとの【デコレーションケーキ作り体験】
※作ったケーキはお持ち帰りいただきます 。

きのとや

体験人数 8名/回(3回目のみ12名/回)
所要時間 60分/回
実施回数

3回

1.13時00分~2.14時30分~3.16時00分~

場所 調理室(3F)

学校法人経専学園 経専調理製菓専門学校

「パティシエの技術に挑戦」

マジパン細工またはアイシング(クッキーのデコレーション)のどちらかを選んで体験!自分だけのオリジナルスイーツを作ろう!

経専

体験人数  40名/回
所要時間  50分/回
実施回数

 4回

1.13時00分~2.14時00分~3.15時00分~4.16時00分~

場所 ラウンジ3(2F)

 

北海道大学COI『食と健康の達人』拠点

「コトづくり」のための「モノづくり」~先輩たちが悩んできた道~
社会の中で活躍している“モノ”とはどのような“コト”から創造されているのか。創造している人たちの学生時代とは。“モノ・コト・じぶん”を考える人生の先輩との語らいの場を用意します。

北大

 

体験人数 20名/回
所要時間 60分/回
実施回数

3回程度

場所 数学7教室(2F)

北海道情報大学

「健康科学(食)と医療機器(医療)の融合体験」

健康科学では食事の栄養バランス測定や簡単な健康チェックを行います。食品のはたらきや正しい食生活のアドバイスも行います。

医療機器ではAEDを用いた心肺蘇生や人体モデルを使った脈、呼吸等の測定を体験します。

北海道情報大学

体験人数 合計20名程度
所要時間・実施回数

食品モデル(SATシステム)・・・5~10分/回

健康チェック・・・随時体験可能

AED・・・30分程度/回

人体モデル(患者シミュレーター)・・・随時体験可能

場所  数学3・4教室(2F)

 

 エコ

 エコ 

 

札幌トヨタ自動車株式会社

  1. マグネシウムと塩水で発電して走る!『マグネシウム燃料電池カー』をつくろう!
  2. 水素自動車・PHV自動車展示

 準備中

体験人数 20名/回
所要時間

30分程度/回

※水素自動車・PHV自動車展示 は随時観覧可能

実施回数

4回

1.13時30分~2.14時30分~3.15時30分~4.16時30分~

場所

体験・・・社会2教室(1F)

自動車展示・・・屋外

直流利用で未来を拓く シオン電機株式会社

「エネルギーの地産地消を体験しよう」

エコミノール(直流給電装置)及び、太陽光パネル、人力発電機、負荷のセットを使用し、太陽光発電と人力発電の電力合成を体験し、エネルギーの地産地消について学びます。

シオン

体験人数 1名/回
所要時間

5分程度/回

実施回数

随時実施

場所 カフェラウンジ(1F)

 

札幌科学技術専門学校

人・生き物・自然をつなぐ仕事

様々な環境問題が話題となる現代、生き物や自然の代弁者とも言える「環境調査」という仕事について、標本や調査機材に触れたり、本校での実習の様子などを通して紹介します。

札幌科学技術

体験人数 10~15名/回
所要時間

15~20分/回

実施回数

体験・・・12回程度

展示・・・随時観覧可能

場所

数学8教室(2F)

酪農学園大学

空と歴史から開成を見る

アメリカのDigitalGlobe社の超高解像度衛星WorldViewが撮影した札幌の画像や、約70年前に米軍が撮影した航空写真と現在の街並みを比較し、その変化を知る展示のほか、ドローンの展示、デモフライト、植物のスペクトル計測の実演を行います。

準備中

実施回数

随時実施
場所 数学6教室(2F)

 

バイオ 

 バイオ

 

コスモ・バイオ株式会社

  仕事で使うライフサイエンス実験とは!?~PCRと細胞観察~

ライフサイエンス(生命科学)において基本的な実験であるPCR、電気泳動、細胞観察を体験していただきます。基本的な原理を学び、実際に電気泳動による核酸・タンパクの分離実験を行います。また、位相差顕微鏡を使用して培養細胞の観察を行います。

コスモ・バイオ

体験人数 8名/回
所要時間 60分/回
実施回数

3回

1.13時15分~2.14時30分~3.15時45分~

※顕微鏡観察は随時体験可能

場所 実験室1(2F)

株式会社粧薬研究所

道産素材を活用した化粧品製造体験

貴方だけのオリジナルHand&Bodyクリームを実際に製造し、持ち帰っていただけます。

粧薬

           
体験人数 10名/回
所要時間 40分/回
実施回数

 4回程度

場所 実験室2(2F)

 

北海道ハイテクノロジー専門学校

 医療品を分析してみよう

柳の樹皮に含まれる成分を原料として作られたアセチルサリチル酸(アスピリン)は世界で初めて化学合成によって実用化された医薬品です。市販のアスピリン(バファリン)を薄層クロマトグラフィー法で分析します。

ハイテク

体験人数 6名/回
所要時間 30分/回
実施回数

6回程度

場所 数学5教室(2F)

 

 その他

 その他

(一財)さっぽろ産業振興財団/日本政策金融公庫

起業って何!?ビジネスアイデアを生み出すワークショップ

起業の基礎知識を学ぶとともに、ビジネスアイデアを生み出すためのワークショップを通じ、発想力や想像力を磨く体験をしていただきます。優秀なビジネスアイデアには、記念品のプレゼントもあるかもしれません。

金融

高校生向け起業家講座リーフレット(PDF:351KB)

体験人数 20名/回
所要時間

60~90分/回

※参加人数により変動

実施回数

2回

1.13時00分~2.15時00分~

場所

ワークショップ・・・社会7教室(1F)

DVD放映・・・ラウンジ2(1F)

 

 本イベントのお問い合わせ先

ものづくり学校祭[ものフェス]運営事務局

(株式会社マイナビ)電話03-6267-4411 

 

 

 

「ものづくり学校祭2017」実施業務に係る公募型プロポーザルの実施について ※募集は終了しました

事業の目的

 札幌市内ものづくり関連企業の製品・技術や大学・専門学校の取組みを、体験型の展示イベントを通して高校生に見せることによって、市内企業の魅力や、ものづくりの面白さを伝え、ものづくり産業の認知度向上を目指し、ひいては将来的な地元企業への就職促進につなげていくこと。

告示文

告示文(PDF:279KB)

企画公募要項

企画公募要項(ワード:97KB)

企画公募要項(PDF:179KB)

提出書類について

  1. 企画提案申込書(様式1) (ワード:32KB)
  2. 企画提案者概要(様式2)(ワード:47KB)
  3. 参加意向申出書(様式3)(ワード:31KB)

 ※参加意向申出書の提出が無い場合、企画提案の申込みを受理いたしません。

   4. 企画書(自由様式)

  5. 積算書(自由様式。積算額は、事業規模(3,000,000円(税込))を上限とし、積算根拠が分かるように記載するこ

  と。なお、本積算額は、企画書が選定された提出者との契約額を確約するものではない。)

  • 1、3は正本1部を提出すること
  • 2、4、5は正本1部、副本8部、及び、電子データを提出すること
  • 提出にあたっては、一式をクリップ等で留めることとし、ステープラーは使用しないこと。また、特別な製本も行わないこと
  • 4に掲げる企画書の分量は、添付資料等を含めて、最大でA4判20ページ程度までとする。 

質問、企画書、参加意向申出書提出方法、提出期限等 

  • 質問方法:企画公募要項についての質問は、所定の質問書(様式4)(ワード:33KB)に質問の要旨を簡潔に記入し、札幌市経済観光局産業振興部立地促進・ものづくり産業課宛に電子メールで送信すること。
    メールのタイトルは、「「ものづくり学校祭2017」実施業務 質問書(事業者名)」とする。電子メール以外での質問は受け付けない。 
    電子メールアドレス:monodukuri@city.sapporo.jp
  • 質問期間:平成29年4月5日(水曜日)から平成29年4月21日(金曜日)
  • 質問回答:質問があり次第、本ページに随時回答をアップいたします。
  • 企画書・参加意向申出書等提出方法:郵送又は持参による。
    ※持参による提出は、月曜日から金曜日(祝日を除く)の8時45分~17時15分とする。
  • 【企画書提出期限】

 平成29年4月28日(金曜日)午前10時00分【必着】

  • 【参加意向申出書提出期限】

 平成29年4月21日(金曜日)午前10時00分【必着】

  • 【提出先】
    〒060-8611札幌市中央区北1条西2丁目札幌市経済観光局産業振興部立地促進・ものづくり産業課 
    担当:柴垣、小野
    TEL:011-211-2362、FAX:011-218-5130

提出された質問及び回答

提出された質問及び回答(ワード:40KB)

回答に伴う添付資料(札幌市立開成中等教育学校平面図)(エクセル:365KB)

審査について 

提案を受けた企画については、書類審査及びヒアリング審査により選考を行います。
ヒアリング審査については、平成29年5月上旬を予定しております。
ヒアリングの実施概要については、別途通知いたします。

選定・入札結果

平成29年5月10日に開催した「ものづくり学校祭2017」実施業務に係る企画競争実施委員会において、厳正な審査を行った結果、以下の企画提案者を契約候補者を選定し、入札を行いました。

・契約候補者 株式会社マイナビ北海道支社

・点数 512点 (600点満点)

・落札金額:2,977,128円(消費税及び地方消費税の額を含む)

入札等執行調書(PDF:99KB)

選定結果(PDF:24KB)

本ページに関する問い合わせ先

札幌市経済観光局産業振興部立地促進・ものづくり産業課ものづくり産業係 越智・柴垣

〒060-8611札幌市中央区北1条西2丁目札幌市役所15階

電話:011-211-2362FAX:011-218-5130

E-mail:monodukuri@city.sapporo.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局産業振興部立地促進・ものづくり産業課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2362  内線:2362

ファクス番号:011-218-5130