ここから本文です。

更新日:2017年4月14日

ものづくり学校祭

事業の目的

 札幌市内ものづくり関連企業の製品・技術や大学・専門学校の取組みを、体験型の展示イベントを通して高校生に見せることによって、市内企業の魅力や、ものづくりの面白さを伝え、ものづくり産業の認知度向上を目指し、ひいては将来的な地元企業への就職促進につなげていくこと。

事業委託事業者について

本事業については、公募型企画競争方式(プロポーザル)にて委託事業者を決定いたします。

告示文

告示文(PDF:279KB)

イベントの概要

(1) 名称  「ものづくり学校祭2017」

(2) 日時 平成29年7月31日(月曜日)13時00分~17時00分(予定)

(3) 会場 札幌市立開成中等教育学校(札幌市東区 北22条東21丁目1-1)(予定)

(4) 参加対象

 ア 来場者

 札幌市内の高校1年生、札幌市立開成中等教育学校の3年生・4年生(他の学校の中学3年生・高校1年生に相当)

 イ 出展者

 市内ものづくり関連企業、大学・専門学校等(以下「出展企業等」という。)

 ※ 現在、出展を予定しているものづくり関連企業については別紙(ワード:15KB)のとおり。

(5) 実施内容(予定)

ア 出展企業等による体験型の展示会

イ その他、講演や催し(詳細については札幌市との協議による)

委託業務の内容

業務の内容は次のとおりとします。

(1) 事務局業務

 イベント開催における事務局機能を担う。具体的な業務は以下のとおり。

 ア 来場者の事前参加申込み受付業務

 イ 出展者との連絡・調整業務(事前出展者説明会の開催を含む)

 ウ 会場調整・管理業務

 (主催機関が選定したイベント会場に関して、主催機関と協議の上、会場レイアウト等の必要な事項を決定し、会 

 場設営、事前調整及び当日の会場確認・撤収業務などを行う。)

 ※ 学校備品については、机、椅子や備え付けの設備(コンロ等)以外は原則使用不可。出展者が使用する機材

 等については出展者の持込とする。

(2) 運営企画業務

 ア イベントに参加する大学・専門学校等の勧誘を行う。

 ※ 出展企業については、札幌市側で勧誘を行う。

 イ 出展者の配置、出展内容の調整、生徒を回遊させる仕掛けなどの企画を行う。なお、運営企画にあたっては、 

 札幌市と調整のうえ、可能な限り開成中等教育学校5年生数名を参加させること。

 ※ 出展者の配置、出展内容の調整については、学校の電気容量にも配慮すること。なお、札幌市と協議のうえ

 発電機の設置やそれに伴う配線が必要と判断された場合については、札幌市が対応する。その場合は、当該

 業務にかかる仕様を作成し、札幌市に提出すること。 

(3) 広報業務

 来場者である高校生に対しポスター・チラシ等による広報・宣伝を行う。

(4) 資料作成業務

 ア 出展企業等に対するイベントの参加要項データを作成する。

 イ 事前申込みを受け付ける体験については、参加者名簿等を作成のうえ出展者に送付もしくはEmail送信する。

 ウ 当日配付する資料(次第、参加企業等の概要、会場図、詳細スケジュール等)を作成する。

(5) 事業開催業務

 事業開催当日の運営及び管理全般を行う。

 ア 出展者及び会場対応

 札幌市及び会場と連携し、展示会場の管理、搬入・搬出、出展者からの問い合わせ対応等を行う

 イ 参加者対応

 札幌市及び会場と連携し、参加者の受付及び問い合わせ対応等を行う。

(6) 効果測定業務

 事業終了後、今後の運営に生かすために当該イベント参加に関するアンケート調査を来場者、出展者にそれぞれ

 行う。

(7) その他業務

   その他、本業務の目的達成に当たり必要と思われる業務内容や、効果的・効率的な手法等があれば提案を行う。

事業規模

3,000,000円(税込)

応募要件

応募者は次の要件をすべて満たすものとします。

1 札幌市内に本社又は営業所等の拠点を有するものであること。

2 企画提案方式による応募を行う時点において、札幌市指名競争入札への参加資格を有すること。

3 会社更生法による更生手続開始の申立てがなされている者又は民事再生法による再生手続開始の申立てがなされている者(手続開始の決定後の者は除く。)等経営状態が著しく不健全な者でないこと。

4 企画書の提出期限において、札幌市競争入札参加停止等措置要領の規定に基づく参加停止の措置を受けていないこと。

5 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第2号に規定する暴力団その他反社会的団体である者又はそれらの構成員が行う活動への関与が認められる者でないこと。

6 本業務の履行に際しては、業務の管理及び統括を行う者1名の配置が可能であること。

企画公募要項

上記及び評価基準等については、企画公募要項に記載されております。
ダウンロードのうえご利用下さい。

企画公募要項(ワード:97KB)

企画公募要項(PDF:179KB)

提出書類について

  1. 企画提案申込書(様式1) (ワード:32KB)
  2. 企画提案者概要(様式2)(ワード:47KB)
  3. 参加意向申出書(様式3)(ワード:31KB)

 ※参加意向申出書の提出が無い場合、企画提案の申込みを受理いたしません。

   4. 企画書(自由様式)

   5. 積算書(自由様式。積算額は、事業規模(3,000,000円(税込))を上限とし、積算根拠が分かるように記載するこ

    と。なお、本積算額は、企画書が選定された提出者との契約額を確約するものではない。)

  • 1、3は正本1部を提出すること
  • 2、4、5は正本1部、副本8部、及び、電子データを提出すること
  • 提出にあたっては、一式をクリップ等で留めることとし、ステープラーは使用しないこと。また、特別な製本も行わないこと
  • 4に掲げる企画書の分量は、添付資料等を含めて、最大でA4判20ページ程度までとする。 

質問、企画書、参加意向申出書提出方法、提出期限等 

  • 質問方法:企画公募要項についての質問は、所定の質問書(様式4)(ワード:33KB)に質問の要旨を簡潔に記入し、札幌市経済観光局産業振興部立地促進・ものづくり産業課宛に電子メールで送信すること。
    メールのタイトルは、「「ものづくり学校祭2017」実施業務 質問書(事業者名)」とする。電子メール以外での質問は受け付けない。 
    電子メールアドレス:monodukuri@city.sapporo.jp
  • 質問期間:平成29年4月5日(水曜日)から平成29年4月21日(金曜日)
  • 質問回答:質問があり次第、本ページに随時回答をアップいたします。
  • 企画書・参加意向申出書等提出方法:郵送又は持参による。
    ※持参による提出は、月曜日から金曜日(祝日を除く)の8時45分~17時15分とする。
  • 【企画書提出期限】

     平成29年4月28日(金曜日)午前10時00分【必着】

  • 【参加意向申出書提出期限】

     平成29年4月21日(金曜日)午前10時00分【必着】

  • 【提出先】
    〒060-8611札幌市中央区北1条西2丁目札幌市経済観光局産業振興部立地促進・ものづくり産業課 
    担当:柴垣、小野
    TEL:011-211-2362、FAX:011-218-5130

提出された質問及び回答

提出された質問及び回答(ワード:40KB)

回答に伴う添付資料(札幌市立開成中等教育学校平面図)(エクセル:365KB)

審査について 

提案を受けた企画については、書類審査及びヒアリング審査により選考を行います。
ヒアリング審査については、平成29年5月上旬を予定しております。
ヒアリングの実施概要については、別途通知いたします。

本件に関する問い合わせ・提出先

札幌市経済観光局産業振興部立地促進・ものづくり産業課ものづくり産業係 柴垣・小野

〒060-8611札幌市中央区北1条西2丁目札幌市役所15階

電話:011-211-2362FAX:011-218-5130

E-mail:monodukuri@city.sapporo.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局産業振興部立地促進・ものづくり産業課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2362  内線:2362

ファクス番号:011-218-5130