ここから本文です。

更新日:2016年4月15日

知っておきたい労働法

近年、雇用情勢は改善が続いておりますが、一方で、せっかく就職しても解雇や労働条件の引き下げなどの労働条件・職場環境に関わるトラブルから、やむを得ず退職せざるを得ない方がいるなど様々な問題が増加しています。
このページでは、働く際に役立つルールについて国が情報提供しているものやトラブルが生じた際の札幌市内の相談窓口について紹介していますので、ぜひご活用ください。

「これってあり?まんが知って役立つ労働法Q&A」(厚生労働省作成)

厚生労働省は、労働条件や労働環境に関わる様々なトラブルを未然に防止するために、新たに働き始める方やアルバイトをする方を対象に、労働法に関する知識をQ&A方式でまとめたハンドブック「これってあり?まんが知って役立つ労働法Q&A」を作成しております。このハンドブックは、これから就職し、働く際に知っておきたい労働法に関する基本的な知識を大変読みやすく、わかりやすくまとめた冊子となっています。
なお、紙の冊子については、市内各区役所(あいワーク含む)、区民センター、就業サポートセンターでも配布しています。

全体版ダウンロード

【全体版】

【全体版(スマホ版)】

【全体版(印刷用、目次・頁入り)】

分割版ダウンロード

第1章「働き始める前に知っておきたいこと」

Q1求人広告そのまま信じて大丈夫?

Q2働きぶりで給料が決まる?

Q3一方的な内定取り消しはあり?

第2章「働くときのルール」

Q4最初は時給500円からってあり?

Q5給料って勝手に下げられるもの?

Q6サービス残業ってあり?

Q7有給休暇は自由にとれない?

Q8妊娠したらやめなければならない?

Q9仕事中にケガをしたら治療費は自己負担?

Q10働き方の違いって?

第3章「仕事を辞めさせられるとき、辞めるとき」

Q11ミスしたら仕事を辞めさせられる?

Q12仕事を辞めさせてもらえない?

「働く人のための相談窓口」

札幌市内の相談窓口・お問い合わせ先(平成28年4月1日現在)

労働条件や労働環境等に関する札幌市内の相談窓口・問い合わせ先一覧です。

一覧(PDF:51KB)

労働条件に関する総合総合情報サイト「確かめよう労働条件」(厚生労働省作成)

労働条件や労務管理上の疑問点を確認できるための情報を広く発信することを目的としたポータルサイトです。

http://www.check-roudou.mhlw.go.jp/

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局雇用推進部雇用推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2278

ファクス番号:011-218-5130