ホーム > 観光・産業・ビジネス > 経済・産業 > 「札幌市企業立地ホームページ制作業務」公募型プロポーザルの実施について

ここから本文です。

更新日:2016年10月4日

「札幌市企業立地ホームページ制作業務」公募型プロポーザルの実施について ※募集は終了しました

企画競争の実施結果

平成28年9月12日に開催した「札幌市企業立地ホームページ制作業務」に係る企画競争実施委員会において、厳正な審査を行った結果、以下の企画提案者を契約候補者として決定しました。

【契約候補者】

株式会社Gear8

 

 

 

企業誘致を促進するため、札幌市のビジネス環境や支援制度等のPRを目的としたホームページを構築します。

 

本業務を実施する事業者を選定するため、以下のとおり、公募型プロポーザルによる企画提案を募集します。

告示・公募要領

告示文(PDF:613KB)

提案説明書(PDF:137KB)

仕様書(PDF:163KB)

仕様書別紙1「サイトマップ案」(PDF:102KB)

仕様書別紙2「HPコンテンツ作成仕様書」(PDF:75KB)

札幌市公式ホームページガイドライン(PDF:2,951KB)

 

企画提案書等の提出

 以下により、企画提案書等を提出してください。

提出期限 平成28年(2016年)9月5日(月)
提 出 物

以下の書類を提出してください。

参加意向申出書(様式1)(ワード:33KB)   1部

参加資格申出書(様式2)(ワード:32KB)   1部

企画提案者概要(様式3)(ワード:47KB)   10部

・企画提案書(自由様式)    10部

・積算書(自由様式)      10部

提出方法

持参または郵送

(持参の場合の受付期間 9時00分~17時00分)

提 出 先 下記書類提出先のとおり

  

企画提案及び業務に関する質問

 企画提案及び業務にかかる質問については、以下のとおり受け付けます。 

質問受付期間 平成28年(2016年)8月1日(月)から8月29日(月)17時00分まで

様   式

質問票(様式4)(ワード:33KB)
提出方法 上記質問票を用いて、電子メールで送付すること。
提 出 先

business@city.sapporo.jp

 これまでに質問があった内容について、下記に公開いたします。

Q1. 【質問箇所】 「業務仕様書」 5 業務内容 (8)サイト開設後の更新環境の整備

上記(6)のサーバ環境においては、セキュリティ上、CMS の導入が不可能であるため、編集ソフトにて更新を行うことを想定している。

 

【質問】 「編集ソフト」とはどのようなものを想定されているか、ソフトの名称等をお伺いすることは可能でしょうか。

 

札幌市ホームページで使用しているコンテンツ管理システム「CMS-8341/やさしい」のように、静的HTMLファイルの更新・管理に特化したシステムを使用するものと想定しておりますが、相違ありませんでしょうか。

 

具体的なソフト名、システム名を挙げていただくのが難しければ、機能面から〜と同等の機能程度のソフトというお答えでも構いません。

(例)Adobe Dreamweaver / ホームページ・ビルダーと同等程度の機能

A1. 編集ソフトはAdobe Dreamweaver やホームページ・ビルダーと同等程度の機能を有するソフトを想定しています。なお、今後のWebサイトの編集・作成作業に、特定の編集ソフトの機能に依存する必要がなく、HTML等の言語に不慣れな委託者であっても、容易に更新ができるよう、構築してください。

Q2.  納品したWebサイトデータは、「編集ソフト」の機能によってテンプレート化して使用される可能性はありますでしょうか。ヘッダーやフッターなど、Webサイト内の共通部分になる部分はテンプレートとなりうる想定で構築をしておくべきかお伺いできればと思います。

A2. ヘッダーやフッターなど、Webサイト内の共通部分になる部分は、テンプレート化して使用する可能性はあります。なお、この場合も、「編集ソフト」の今後のWebサイトの編集・作成作業に、特定の編集ソフトの機能に依存する必要がなく、HTML等の言語に不慣れな委託者であっても、容易に更新ができるよう、構築してください。

Q3. 【質問箇所】 「HPコンテンツ作成仕様書」  ③ サーバの利用制限

ウ インターネットからサーバへのデータのアップロード/ダウンロードを行う仕組みは禁止とする。また、管理者のみがアクセス可能なページ(管理用ページ等)の作成も禁止とする。

コンテンツファイルの配置には既存の仕組みを利用するため、アップロード等の仕組みの構築は不要(構築は禁止)である。

 

【質問】 「コンテンツファイルの配置には既存の仕組みを利用する」とは、一般的なFTP接続によるHTMLデータ・画像データ等のアップロード、ダウンロードを委託者様で行っていただくものと解釈してよろしいでしょうか。

A3. その通りです。アップロード、ダウンロードは委託者が行います。

Q4. 【質問箇所】 「業務仕様書」 5 業務内容 (2)コンテンツ

キャッチコピーは、トップページ及びトップページから直接リンクする各ページ(第2階層)について、作成すること。

 

【質問】 「キャッチコピー」とは何を意図なさっていますでしょうか。

ページタイトル(ページ見出し)のことですか。それとも、各ページになにか目を引く要素を置くとお考えですか。

A4. トップページについては、本サイトの趣旨を表現するような、メッセージ性のあるキャッチコピーの導入を想定しています。

 (例)ようこそ神戸へ そして、神戸から世界へ  http://kobe-investment.jp/

 

第2階層については、ページタイトルのことです。目を引く言葉で表現してください。

 (例)×:優遇措置

    ○:充実の優遇措置が企業の立地をサポート

Q5.   【質問箇所】 「業務仕様書」 5 業務内容 (2)カ 進出企業

 

【質問】 進出企業は現在、コールセンター・ニュービジネスのみが掲載されていますが、ご掲載予定の140社にはどのような企業がございますでしょうか。一覧があればご教示ください。

A5. 各企業の承諾を得ていないので、一覧をご提供することは控えさせていただきますが、コールセンター・事務センター、本社機能、IT・コンテンツ企業、ものづくり企業などがあります。
Q6. 【質問箇所】 「業務仕様書」 5 業務内容 (8)サイト開設後の更新環境の整備

 

【質問】サーバーにアプリの制限はございますでしょうか。制限があればお教えください。

A6. 前提プラットフォームは「Windows+IIS+ASP」「Linux+Apache+Perl」「Linux+Apache+PHP」のいずれかとなります。これ以外のアプリケーションやアドオンの利用・インストールは認められません。なお、ホームページ作成に関する注意事項は「HPコンテンツ作成仕様書」をご確認ください。
Q7. 「札幌市企業立地ホームページ」は、独立サイト、マイクロサイトとすることをお考えですか。独自のグローバルメニューを設けてもよろしいでしょうか。それとも、札幌市公式サイトのテイストと合わせることをお考えですか。

A7. コンテンツ的には、相互リンクが想定されるものの「独立」と言えます。サイト(Webサーバ)的には、静的コンテンツのみであれば、札幌市トップページのあるサイトと同じサイトとなり、ASP/Perl/PHPを利用した動的コンテンツであれば他の動的コンテンツと同じサイトに載ることになります。

したがって、独自のグローバルメニューを設けていただいて構いません。また、札幌市公式サイトとテイストを合わせる必要はありません。

Q8. 企業誘致に当たって、BCP、防災、減災などの対策をご提示なさっていますでしょうか。
A8. 首都圏との同時被災リスクが低いことや、災害リスクが低いことなどを強みに、企業のBCPの観点からも、企業誘致を行っています。

 

審査の実施

 提出された企画提案書等に基づき、本市においてプレゼンテーション審査を実施します。(提案多数の場合は、書類選考を行います。)

  プレゼンテーション審査の日時・場所等については、企画提案者に別途お知らせいたします。

 

書類提出先及び問い合わせ先

部 署 名 経済観光局産業振興部立地促進・ものづくり産業課
所 在 地 〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階北側
電話番号 011-211-2362
Eメールアドレス business@city.sapporo.jp

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局産業振興部立地促進・ものづくり産業課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2362

ファクス番号:011-218-5130