ホーム > 観光・産業・ビジネス > 観光 > 札幌の観光行政 > トピックス・ニュースリリース > 平成29年度事業者向けインバウンド受入体制強化支援業務公募型プロポーザルを実施します

ここから本文です。

更新日:2017年10月10日

平成29年度事業者向けインバウンド受入体制強化支援業務公募型プロポーザルを実施します

 札幌市では、「札幌市まちづくり戦略ビジョン・アクションプラン2015」において、「雇用を生み出す力強い街」さっぽろの実現のため、リーディングプロジェクトとして、街全体で観光客を受け入れる「おもてなし・観光強化プロジェクト」に取り組むこととしています。

 外国人観光客増加の一方で、小売店や飲食店等の従事者の外国語能力や店頭メニュー等の外国語表記の不足が指摘されており、本市としては、これらの課題を解決すべく、「平成29年度事業者向けインバウンド受入体制強化支援業務」を実施します。

1 告示文・提案説明書等

  • 告示文

告示文(PDF:438KB)

  • 公募型プロポーザル提案説明書

平成29年度事業者向けインバウンド受入体制強化支援業務 提案説明書(PDF:174KB)

評価項目及び評価基準表 提案説明書別添(PDF:47KB)

  • 様式

様式1 参加申込書(ワード:42KB)

様式2 申出書(ワード:39KB)

様式3 質問書(ワード:34KB)

2 スケジュール

項目 詳細
質問の受付期限

平成29年10月2日(月曜日)17時00分必着 締め切りました

参加申込書の提出期限

平成29年10月6日(金曜日)17時00分必着 締め切りました

企画提案書の提出期限 平成29年10月16日(月曜日)17時00分必着
実施委員会によるヒアリングの実施

平成29年10月19日(木曜日)※予定

選定結果の通知 平成29年10月下旬

3 参加資格要件

参加者は次の要件をすべて満たすこと。

⑴ 法人格を有する企業、団体等であること。

⑵ 札幌市内に本店または支店等を有していること。

⑶ 契約を締結する能力を有すること。

⑷ 破産者で復権を得ない者でないこと。

⑸ 市との契約等において、地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4第2項各号のいずれかに該当すると認められる者でなく、かつその者を代理人、支配人、その他の使用人として使用する者でないこと。

⑹ 企画提案書の提出期限において、札幌市競争入札参加停止等措置要領(平成14年4月26日付け財政局理事決裁)の規定に基づく参加停止の措置を受けていないこと。

⑺ 会社更生法(平成14 年法律第154 号)に基づく更生手続き開始の申立て又は民事再生法(平成11 年法律第225 号)に基づく再生手続き開始の申立てがなされている者でないこと。ただし、更生計画認可決定又は再生計画認可決定がなされている場合は、この限りではない。

⑻ 市区町村税、消費税・地方消費税を滞納している者でないこと。

⑼ 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77 号)第2条第2号に規定する暴力団又は札幌市暴力団の排除の推進に関する条例(平成25年条例第6号)第7条第1項に規定する暴力団関係事業者でないこと。

4 質問と回答

寄せられた質問とその回答を掲載します。

質問と回答(10月4日更新)(PDF:81KB)

5 関連資料等

⑴ 来札観光客満足度調査・外国人個人観光客動態調査報告書

 

[本件に関する問い合わせ・書類の提出先]

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課 山下、塩澤

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目札幌市役所15階

電話:011-211-2376、ファクス:011-218-5129、E-mail:kanko@city.sapporo.jp

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2376  内線:2376

ファクス番号:011-218-5129