ホーム > 観光・産業・ビジネス > 観光 > 札幌の観光行政 > トピックス・ニュースリリース > さっぽろ連携中枢都市圏観光協議会動態調査業務公募型プロポーザルを実施します。

ここから本文です。

更新日:2019年11月22日

さっぽろ連携中枢都市圏観光協議会動態調査業務公募型プロポーザルを実施します。

さっぽろ連携中枢都市圏観光協議会では、動態調査業務の実施にあたって、公募型プロポーザルを実施し、広く企画提案を募集します。

提案説明書 等

詳細については、以下をご確認ください。

スケジュール

項目 詳細
参加申込書の提出期限

令和元年12月9日(月曜日)17時必着

企画提案書の提出期限 令和元年12月16日(月曜日)17時必着
実施委員会によるヒアリングの実施 令和元年12月23日(月曜日)
選定結果の通知 令和元年12月下旬

質問と回答

寄せられた質問とその回答を掲載いたします。

参加資格要件

参加者は、次の要件を全て満たすこと。また、下表に定める必要書面を申込書と同時に提出を行うこと。ただし、札幌市競争入札参加資格者名簿に登録されている場合は、提出を省略できる。

  1. 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当しない者であり、かつその者を代理人、支配人、その他の使用人として使用する者でないこと。
  2. 会社更生法による更生手続開始の申立てがなされている者又は民事再生法による再生手続開始の申立てがなされている者(手続開始の決定後の者は除く)等経営状態が著しく不健全な者でないこと。
  3.  圏域内構成市町村において、入札等への参加停止措置を受けている期間中でないこと。
  4. 事業協同組合等の組合がこの入札に参加する場合は、当該組合等の構成員が、構成員単独での入札参加を希望していないこと。
  5. 市区町村税、消費税・地方消費税を滞納している者でないこと。
  6. 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第2号に規定する暴力団その他の反社会的団体である者又はそれらの構成員が行う活動への関与が認められる者でないこと。

 ※ 複数者が協力して参加する場合、構成員すべてが1~6を満たす必要がある。また、契約の相手方は代表者とし、他の構成員は協力者となる。 

提出する書面 ※札幌市競争入札参加資格者名簿に登録されている場合は、提出を省略できる。

項目 詳細
申出書

様式3

登記事項証明書

登記は現在事項証明または全部事項証明(写し可)

参加申込書の提出日から3か月前の日以降に発行されたもの

財務諸表(直前2期分) 貸借対照表、損益計算書
納税証明書(市区町村税)

本店(契約権限を委任する場合は受任先)の所在地の市区町村が発行するもの(写し可)

参加申込書の提出日から3か月前の日以降に発行されたもの
納税証明書(消費税・地方消費税)

未納がない旨の証明書(その3の3)(写し可)

参加申込書の提出日から3か月前の日以降に発行されたもの

 

※ さっぽろ連携中枢都市圏観光協議会
札幌市、小樽市、岩見沢市、江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、石狩市、当別町、新篠津村、南幌町、長沼町(以下、「圏域」という。)における観光客を増加させ、圏域全体の観光消費を増大させることを目的とし、札幌市、小樽市、岩見沢市、江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、石狩市、当別町、新篠津村、南幌町、長沼町をもって組織した協議会。

[本件に関する問い合わせ先]

さっぽろ連携中枢都市圏観光協議会 大村・宗岡

 

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課内

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目札幌市役所15階

電話:011-211-2376、FAX:011-218-5129、E-mail:kanko@city.sapporo.jp

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2376

ファクス番号:011-218-5129