ホーム > 観光・産業・ビジネス > 観光 > 札幌の観光行政 > トピックス・ニュースリリース > 「冬の札幌観光誘客プロモーション業務」公募型プロポーザルの実施について

ここから本文です。

更新日:2018年11月15日

「冬の札幌観光誘客プロモーション業務」公募型プロポーザルの実施について

※質問と回答を修正しました(平成30年11月15日)

※質問と回答の公表、及び提案説明書の誤字修正について更新しました(平成30年11月12日)

 

平成30年北海道胆振東部地震以降、東アジアから札幌への旅行動向については、地震被害に関する現地メディアの報道などの影響により、需要が落ち込んでいる状況にあります。発災後約2か月が経過し、一部需要回復が見られているものの、特に香港・韓国においては、需要回復の兆しが見えにくい状況となっています。

東アジアからの需要回復に向けては、中国・香港・台湾・韓国に向け、各種震災復興事業などと連動したより効果的なプロモーションを実施することが必要であると考えられることから、「冬の札幌観光誘客プロモーション業務」を実施します。

つきましては、本業務の契約候補者を選定するために公募型プロポーザルを実施しますので、下記の要領のとおり企画提案書を募集します。

告示文

告示文(札幌市告示第5803号)(PDF:500KB)

提案説明書等

詳細については、以下をご確認ください。

スケジュール

項目 詳細
参加申込書・企画提案書の提出期限 平成30年11月16日(金曜日)17時00分必着
実施委員会によるヒアリングの実施

平成30年11月26日(月曜日)※予定

選定結果の通知 平成30年11月下旬以降

質問と回答

寄せられた質問とその回答を掲載いたします。
質問と回答(PDF:320KB)

参加資格要件

参加者は、次の要件を全て満たすこと。

1.方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当しない者であり、かつその者を代理人、支配人、その他の使用人として使用する者でないこと。

2.社更生法による更生手続開始の申立てがなされている者又は民事再生法による再生手続開始の申立てがなされている者(手続開始の決定後の者は除く)等経営状態が著しく不健全な者でないこと。

3.幌市競争入札参加停止等措置要領に基づく参加停止措置を受けている期間中でないこと。

4.業協同組合等の組合がこの入札に参加する場合は、当該組合等の構成員が、構成員単独での入札参加を希望していないこと。

5.成29・30年度札幌市競争入札参加資格者名簿に登録されていること。

6.区町村税、消費税・地方消費税を滞納している者でないこと。

7.力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第2号に規定する暴力団その他の反社会的団体である者又はそれらの構成員が行う活動への関与が認められる者でないこと。

※複数者が協力して参加する場合、構成員すべてが1.~7.を満たす必要がある。また、契約の相手方は代表者とし、他の構成員は協力者となる。

 

[本件に関する問い合わせ先]

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課田・三好

〒060-8611札幌市中央区北1条西2丁目札幌市役所15階

電話:011-211-2376、FAX:011-218-5129、E-mail:kanko@city.sapporo.jp

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2376  内線:2376

ファクス番号:011-218-5129