ホーム > 観光・産業・ビジネス > 観光 > 札幌の観光行政 > トピックス・ニュースリリース > 定山渓の空き店舗への新規出店を支援します

ここから本文です。

更新日:2016年3月5日

定山渓の空き店舗への新規出店を支援します。(募集は終了しました)

定山渓観光魅力アップ空き店舗活用事業

 札幌市では、平成26年度に策定した「定山渓観光魅力アップ構想」に基づき、定山渓温泉街のにぎわいと集客力の向上を図ることを目的として、温泉街の空き店舗を活用して新たに店舗を開設する事業者に対して、その経費の一部を補助する「定山渓観光魅力アップ空き店舗活用事業」を実施します。

1 補助対象エリア

 補助の対象となるエリアは、そぞろ歩きが楽しい賑わいのある温泉街の創出を目的とし、「国道230号」及び「定山渓中央線」沿線の空き店舗とします。

2 補助率と補助上限額

補助率

 3分の2以内

補助上限額

 2,000千円

3 応募資格

  1. 20歳以上の個人又は法人の中小企業者
  2. 操業に必要な資金の20%以上の自己資金を有すること
  3. 原則として、交付申請から3ヶ月以内に対象区域内の空き店舗において事業を開始し、継続的な経営を行う具体的な計画を有すること
  4. 週5日以上営業できること
  5. 資格や許認可を必要とする業種の場合、開業までに当該資格等を有する見込みのあること
  6. 納期の到来した市税を完納していること
  7. 同一年度に既に本補助金の交付決定を受けていないこと
  8. 補助対象エリア内における店舗の移転ではないこと
  9. 国、地方公共団体又はその他これらに準ずる以外の者であること
  10. 札幌市暴力団の排除推進に関する条例(平成25 年条例第6号)第2条第2号に規定する暴力団員及び同条例第7条第1項に規定する暴力団関係事業者に該当しないものであること

 ※ 詳しくは募集要領をご覧ください。

4 応募期間と提出先

応募期間

 平成27年9月7日(月曜日)~平成28年2月29日(月曜日) 午後5時必着

 ※ ただし、期間内に補助総額限度5,000千円に達した時点で終了します。

提出先

 観光文化局観光コンベンション部観光企画課観光魅力づくり担当まで、持参又は郵送により提出してください。

 ※ 持参の場合は、月曜日から金曜日の午前9時から午後5時まででお願いします。

5 募集要領と申請書類

 募集要領

 本事業の詳細については、下記募集要領をご覧ください。

 平成27年度定山渓観光魅力アップ空き店舗活用事業補助金募集要領(PDF:357KB)

 申請書類

その他

  事業計画書と事業収支計画書の作成方法について、下記の機関にて無料でアドバイスを受けることができます。補助申請をする前に、必ず内容を確認してもらってください(事業計画書に確認印を押してもらうようお願いします)。関係する見積類も持参されることをお勧めします。

 ※ ただし、事前の審査ではないため、補助金交付を保証するものではありません。

    

 財団法人さっぽろ産業振興財団 札幌中小企業支援センター

  〒060-0001 札幌市中央区北1条西2丁目 北海道経済センタービル2階

  電話:011-200-5511 FAX:011-200-4477

  ※ 相談可能な時間帯は日によって異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

  ※ 土・日・祝日はお休みします。

 

6 審査

 毎月末までに申請があったものについて、翌月に審査委員会を開催し、書類審査及び面接審査により補助交付の決定を選考します。

 ※ 詳しくは募集要領をご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2376

ファクス番号:011-218-5129