ホーム > 観光・産業・ビジネス > 観光 > 札幌の観光行政 > トピックス・ニュースリリース > 「緊急雇用創出推進事業補助金交付要綱に基づく定山渓温泉活性化支援事業」に係る公募型プロポーザルを実施します(平成24年3月8日)

ここから本文です。

更新日:2012年6月12日

「緊急雇用創出推進事業補助金交付要綱に基づく定山渓温泉活性化支援事業」に係る公募型プロポーザルを実施します(平成24年3月8日)(募集は終了しました。)

 札幌市では、定山渓温泉のより一層の活性化を図るため、夏期の誘客促進に向けた取り組みを実施します。

○応募者は、公募型プロポーザル募集要領の内容を御理解いただき申し込みください。

申込期限は、平成24年3月16日(木曜日)17時00分までです。

5.業務委託期間、7.緊急雇用創出推進事業に係る注意事項、仕様書について修正しました。(平成24年3月12日)

募集要領・各種様式

本ページの目次

  1. 業務名称 
  2. 業務の目的 
  3. 業務の内容 
  4. 著作権等
  5. 業務委託期間
  6. 成果物 
  7. 緊急雇用創出推進事業に係る注意事項 
  8. 予算上限額
  9. 参加資格 
  10. 参加申込 
  11. 選定審査委員会の開催 
  12. 評価基準
  13. 契約 
  14. 本件に関する問い合わせ・書類の提出先 

 

1 業務名称

緊急雇用創出推進事業補助金交付要綱に基づく定山渓温泉活性化支援事業

2 業務の目的

定山渓温泉のより一層の活性化を図るため、夏期の誘客促進に向けた取り組みを実施することを目的とする。

3 業務の内容

定山渓温泉の魅力や特徴である「豊かな自然」、「豊富な温泉」、「かっぱ伝説」等を十分に考慮し、次の業務を実施すること。

(1) 定山渓温泉を表すロゴ・コピー等の作成

ア ロゴ・コピー等は、今後実施する定山渓温泉を広く認知させるマーケティング活動に活用していくものである。

イ 使用にあたり必要なレギュレーションを整理すること。

ウ 提案時はロゴ・コピー等の方向性までを示すこととし、イメージ案は必要としない。

(2) 定山渓温泉の自然環境を活用した登山・散策用案内ツールの制作

ア 制作段階あたっては、(1)のロゴ・コピー等を活用すること。

イ 案内ツールの制作とともに、定山渓エリアにおける登山・散策を定着させるための仕掛けづくりを行うこと。
  (仕掛けづくりの例 拠点づくり、環境づくり、イベントなど)

ウ 日本語を中心に、英語、韓国語、中国語(簡体字・繁体字)にも対応すること。

(3) 定山渓温泉の雰囲気づくりに向けたイベントの企画・実施

ア 企画・実施段階にあたっては、(1)のロゴ・コピー等を活用すること。

イ 単独での実施以外にも、既存イベントとの連携を検討すること。

ウ イベント周知に向けたPRツールを制作すること。

(4) 定山渓温泉の写真ライブラリーの作成

ア 定山渓温泉以外に周辺エリアを含めること。

イ 人物、著作物等は被写体の許可を得ること。

4 著作権等

(1) 当該業務を受託した者(以下「受託者」という)は制作物について、札幌市(以下「委託者」という )が広報及び広報活動等を行う場合、自由に使用できるよう、著作権法(昭和45年法律48号)第18条から第20条に規定する著作権者の権利を行使しないこととする。

(2) 受託者が有する著作権法第21条から第28条までに規定する権利は、納品とともに無償で委託者に譲渡するものとする。

(3) 受託者は、委託者に無償譲渡する前項の著作権法上の権利を、委託者以外の第三者に譲渡しないこととする。

(4) 受託者は、第三者の商標権、著作権その他の諸権利を侵害するものでないことを保証するものとする。なお、写真や文字等が受託者以外の者の著作物(以下「原著作物」という)である場合には、原著作者に説明し、承諾を得るなど必要な手続きを行ったうえで本業務あたることとし、原著作物の著作者等と委託者との間に著作権法等上の紛争が生じないようにする。

(5) 当該制作物が第三者の商標権、著作権その他の諸権利を侵害するものであった場合、前項の手続きに不備があった場合、その他受託者の責に帰する事由により原著作物の著作者等と委託者との間に紛争が生じた場合、これによって生じる責任の一切は、受託者が負うこととする。

5 業務委託期間

契約締結日から平成24年10月19日まで 

6 成果物

(1) ロゴ、コピー等の電子データ(レギュレーション含む)(2部)

(2) 案内ツールの紙媒体、電子データ(2部)

(3) イベント周知に向けたPRツールの紙媒体、電子データ(2部)

(4) 写真ライブラリーのコンタクトシート(2部)、電子データ(2部)

(5) 業務報告書の紙媒体(2部)、電子データ(2部)

7 緊急雇用創出推進事業に係る注意事項

緊急雇用創出推進事業に係る雇用等の計画、実績報告等については、別紙仕様書案にて確認すること。 なお、新規雇用失業者については、7人700人日以上とする。

8 予算上限額

16,561千円

※ 予算に係る留意点


 

本公募型プロポーザル方式は、平成24年度予算の成立を前提に年度開始前準備行為として行うものです。このため、平成24年度予算が成立した場合には、本公募型プロポーザル方式により選定した者と平成24年度に契約を行うこととなります。ただし、予算が成立しなかった場合には、本公募型プロポーザル方式にかかる契約を行うことは出来ませんので、十分に御留意のうえ応募してください。 

9 参加資格

(1) 平成23年・24年度札幌市競争入札参加資格者名簿(物品・役務)において、業種が「一般サービス業」に登録されている者であること。

(2) 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当しないものであること。

(3) 企画提案書の提出期限において、札幌市競争入札参加停止等措置容量(平成14年4月26日付け財政局理事決裁)に基づき参加停止措置を受けている期間中でないこと。

(4) 札幌市内に主たる事務所を有していること。 

10 参加申込

(1) 申込期限

平成24年3月16日(金曜日) 17時00分まで

(2) 申込時間

9時00分から17時00分まで

(3) 申込書類

ア 参加申込書(様式1)

イ 参加資格を有する旨の申出書(様式2)

(4) 申込方法

上記の申込書類を下記担当まで持参により提出すること。

(5) 企画提案書の提出

企画提案書を7部用意し、平成24年3月22日(木曜日)の17時00分までに下記担当まで持参により提出すること。

(6) 企画提案書の様式

企画提案書は次の構成により作成すること。ただし、サイズはA4とする。

ア 業務の企画案

イ 実施計画/体制

ウ 雇用計画/支出計画

エ その他(任意)

(7) その他の留意事項

ア 申込書類、企画提案書の作成・提出に係る費用は申込者の負担とする

イ 申込書類に虚偽があった場合は失格とする

ウ 提出のあった申込書類、企画提案書は返却しない

エ 同一の申込者からの複数の企画提案書の提出は認めない

オ 申込書類、企画提案書の著作権は申込者に帰属しますが、札幌市が本件の選定の公表等に必要な場合は、本市は無償で使用することができることとする

カ 申込後に辞退する場合は、辞退届(様式任意)を提出すること

11 選定審査委員会の開催

選定審査委員会を設置し、その選定審査委員会において、最も高い評価を得た者を契約候補者とする。審査に際しては、書類選考のうえ、委員によるヒアリングを実施する。なお、参加者が1者の場合でも別に定める最低基準点を超えた場合に限り契約候補者とする。

(1) ヒアリングの日時

平成24年3月26日の午後を予定 ※時間と場所は別途通知する

(2) 結果の通知

最終結果は申込者全員に平成24年3月30日までに文書で通知する

12 評価基準

評価にあたっては、概ね次のような点を基準に点数化し、総合得点により評価を決定する。

評価項目

内容

企画構成

1 本業務の主旨を十分理解しているか。

2 定山渓温泉における登山・散策の定着が期待できるか。

3 実施するイベントは温泉街の雰囲気づくりに寄与するか。

4 ロゴ・コピー等、写真ライブラリーは有効活用できるか。

5 次年度以降の継続的な展開に繋がるか。

実施計画/体制

企画を実施するにあたり、実現可能な実施計画と体制が整っているか(地域との連携を考慮しているか)。

制度理解度

緊急雇用創出推進事業の制度を理解し、雇用確保、人件費率、支出方法など、的確に実施される計画となっているか。

13 契約

契約は、選定審査委員会により選定された契約候補者と札幌市の間で詳細を交渉のうえ、締結するものとしますが、この交渉の結果、企画提案の一部を変更していただくことがあります。 
なお、契約候補者との交渉が不調に終わった場合は、次点の団体と交渉する場合があります。

14 本件に関する問い合わせ・書類の提出先

札幌市観光文化局観光コンベンション部観光企画課 笠井・浜部

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所2階

電話:011-211-2376、ファクス番号:011-218-5129、E-mail:masamichi.kasai@city.sapporo.jp

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2376

ファクス番号:011-218-5129