ホーム > 観光・産業・ビジネス > 観光 > 札幌の観光行政 > もぎたてさっぽろ第93号

ここから本文です。

更新日:2013年3月7日

もぎたてさっぽろ第93号

札幌市観光メールマガジン 第93号 平成25年(2013年)3月7日
もぎたてさっぽろ
 みなさん、こんにちは! メルマガ担当の塚本です。
 3月は年度の変わり目で何かと慌ただしいという方は多いと思いますが、これからの1年を有意義に楽しむために、旅行の計画を考えてみませんか。
 今月は平成25年度に札幌市内で行われる主要なイベントや、札幌中心部で道産品を購入できるスポットを紹介しますので、参考にしてみてください!

■今月のトピックス

1

平成25年度のイベントをチェック!

2

道産品ショップを見に行こう!

3

ディズニーミュージカル『美女と野獣』札幌公演が北海道四季劇場にて開幕!
4 第1回札幌500m美術館賞グランプリ展「New Cities」「SAPPORO ART MAP」展を開催!
5 ようこそさっぽろ3月の特集

1 平成25年度のイベントをチェック!

 雪の多かった今年の冬も間もなく終わります。春からの観光シーズンを前に、平成25年度のイベントカレンダーより、主なイベントをお知らせします!
 今から旅行の予定を立てておいてくださいね!

●第55回さっぽろライラックまつり
 ライラック苗木のプレゼント、記念植樹、ワインガーデン、野だて、喫茶コーナー、音楽隊演奏など、札幌の木ライラックが満開の大通公園の春のイベント。
 大通公園 5月22日(水曜日)~26日(日曜日)
 川下公園 6月上旬

●第22回YOSAKOIソーラン祭り
 自由で独創的な激しいリズムにのって約300チーム、約3万人が乱舞する。飛び入り参加ができるワオドリソーランもあります。
 6月5日(水曜日)~9日(日曜日)
 大通公園ほか

●花フェスタ2013札幌
 農業高校生のガーデニングコンテストやパビリオンでのラン展示、花モニュメントなどで初夏の札幌の街を美しく彩ります。
 6月22日(土曜日)~30日(日曜日)
 大通公園

●SAPPORO CITY JAZZ2013
 大通公園2丁目をメイン会場に、国内外で活躍するプロ・ミュージシャンの迫力のライブを楽しめます。また、市内各所でのプロ・アマのライブなど、気軽にジャズに親しめる様々なイベントを開催します。
 6月29日(土曜日)~8月28日(水曜日)
 大通公園、芸術の森など

●PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)2013
 若手音楽家を育成するとともに、音楽教育を通じて音楽文化の普及・発展をめざす国際教育音楽祭。ピクニックコンサートでは野外でクラシックを楽しめます。
 7月6日(土曜日)~31日(水曜日)
 芸術の森、コンサートホールKitaraほか

●第60回さっぽろ夏まつり
 約13,000席の国内最大級のビアガーデンや北海盆踊り、さっぽろバザールなど、様々なイベント等で夏を楽しみます。ビアガーデンは7月19日(金曜日)から8月15日(木曜日)までです。
 7月19日(金曜日)~8月20日(火曜日)
 大通公園

●第8回札幌国際短編映画祭
 世界中から作品が集結する国内最大級の国際短編映画祭です。1プログラム(5~8本の短編映画)を90分で観られる他、短編映画のマーケットやセミナーなども開催します。
 9月11日(水曜日)~16日(月曜日・祝日)
 札幌プラザ2・5(旧東宝プラザ)ほか

●さっぽろオータムフェスト2013
 北海道・札幌を代表する食・グルメを中心に、道内各地から旬の素材、ご当地グルメを一同に取り揃えます。毎年100万人以上が訪れる大イベントです。
 9月13日(金曜日)~29日(日曜日)
 大通公園

●第33回さっぽろホワイトイルミネーション
 メインオブジェ、立木装飾など、幻想的なイルミネーションが、札幌駅前通、大通公園、南一条通りを鮮やかに彩ります。
 大通公園 11月下旬~12月下旬
 札幌駅前通、南一条通 11月下旬~平成26年2月中旬

●ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo
 姉妹都市ミュンヘンのクリスマス市を大通公園に再現します。異国情緒豊かで、本場ドイツのワインやビール、ソーセージなど特産品が味わえます。
 11月下旬~12月下旬
 大通公園2丁目

●第65回さっぽろ雪まつり
 今や世界的にも有名になっている、雪国最大のイベント。大小合わせて200基以上の雪氷像が、大通公園やすすきのの会場で堪能できます。雪で出来ているとは思えない精巧な大雪像は、高さ15メートルにも及びます。
 平成26年2月5日(水曜日)~11日(火曜日・祝日)
 大通公園・つどーむ・すすきの

●定山渓温泉雪灯路2014
 神社の境内に2014個の雪で作られた灯篭の灯す明かりが、幻想的な冬の和の風景を描き出す。会場では今年1年の願いを込めて火を灯す「願いの灯り」や、定山渓温泉のマスコットキャラクター「かっぽん」のグッズなどを販売。
 平成26年2月上旬
 定山渓神社

 主なものだけ並べてみても、ちょっと多すぎて見づらいくらいですが、何卒ご容赦を。
 その他のイベントも含めたイベントカレンダーは下記リンク先からご確認ください。
 是非、今までに訪れたことの無い季節の札幌を見に来てください。お待ちしております!

■平成25年度イベントカレンダー
 http://www.city.sapporo.jp/keizai/kanko/event/H25event-calendar.html

 

2 道産品ショップを見に行こう!

 観光地である札幌には道産のお土産品を扱うショップが数多くあります。
 今回はその中から、地元札幌市民も利用する、道産品にこだわったショップを市内中心部から3店ご紹介します。

○北海道どさんこプラザ札幌店


 最初に紹介するのは、JR札幌駅にある道産品のアンテナショップ「北海道どさんこプラザ」です。道内各地から特産品・加工品およそ約2,000アイテムが勢ぞろい。観光案内所と隣接しているので、旅の情報とお土産を一緒にゲットできます。
 北海道を代表する海の幸といえばカニですが、ここではすぐに食べられるよう、切り分けてくれるサービスを行っています。

北海道どさんこプラザ札幌店北海道どさんこプラザ札幌店北海道どさんこプラザ札幌店

 店員さんイチ押しのお菓子が「赤いサイロ」というチーズケーキです。某番組のグランプリをとってから人気急上昇中。常温保存が可能なので、お土産としても便利です。
 また、お土産ラーメンは、自分用としても、友人へのお土産用としても人気があります。店員さんのオススメはえびそば一幻のラーメン(2人前630円)。濃厚なえび風味を楽しめる、人気店のラーメンです。

 ■北海道どさんこプラザ札幌店
  所在 札幌市北区北6条西4丁目(JR札幌駅西通り北口)
  電話 011-213-5053
  営業時間 8時30分~20時00分 年中無休
  ホームページ http://dousanhin.com/shop/sapporo_jr/ 

○道産食品セレクトショップ きたキッチン


 次は、地下鉄大通駅に移動して、地下街オーロラタウンにある「きたキッチン」を訪れました。
 地元でとれたものを、地元でいただく。そんなコンセプトのためか、夕方の店内は仕事帰りと思われる人で大変混み合っていました。
 店内には新鮮な乳製品、魚介類が数多く陳列されています。意外にも(?)売れ筋は道内各地の地元のお菓子だそうで、幼少の頃食べた思い出の味を買い求めるリピーターが多いとか。
 写真の『オランダせんべい』は根室のご当地お菓子です。せんべいというよりは、やや固めに焼いたワッフルのようで、もっちりとした独特の触感を楽しめます。
 自分へのご褒美として自宅で楽しむのもよし。大事なあの方にお届けするもよし!

道産食品セレクトショップ_きたキッチン道産食品セレクトショップ_きたキッチン道産食品セレクトショップ_きたキッチン

   ■道産食品セレクトショップ きたキッチン
  所在 さっぽろ地下街オーロラタウン 小鳥の広場向かい(大通公園2丁目地下)
  電話 011-205-2145
  時間 10時00分~20時00分 不定休
  ホームページ http://www.marui-imai.jp/sapporo/s_kita_topics/index.html  

○道産食彩HUG(ハグ)


 最後にご紹介するのは、狸小路にある道産食彩HUG(ハグ)。
 道産食材の直売店「HUG(ハグ)マート」では、道内各地の生産者の顔がわかる農産物・海産物・畜産物・加工品などを厳選して仕入れて、販売しています。
 ここのお店は新鮮な野菜が充実しているのが特徴です。取材時は、じゃがいもだけで15種類もありました。沢山の商品に囲まれ、「全部買いたい」とつぶやいているお客様が印象的でした。
 もう一つのお楽しみは「HUG(ハグ)イート」です。12の飲食店が並んでいて、さながら屋台村。厚岸産のカキや道産ワインなど、北海道のグルメとお酒を楽しむことができます。買い物を終えた後にゆっくりと食事をするのもオススメです。

道産食彩HUG(ハグ)道産食彩HUG(ハグ)道産食彩HUG(ハグ)

 ■道産食彩HUG(ハグ)
  所在 札幌市中央区南2条西5丁目(狸小路5丁目)
  電話 011-242-8989
  時間 HUGマート 10時00分~19時00分
     HUGイート 11時00分~22時00分(営業時間が異なる店舗もあります)
     年中無休(年末年始のみ休業)
  ホームページ http://www.s-hug.jp/

 どこの店も商品の種類が非常に豊富でした。ほんの一部しか紹介できませんでしたが、是非お店に足を運んで、実際に見てみてください。きっとお気に入りの一品が見つかります。全てのショップで地方発送を行っていますので、じゃがいもを箱買いしても大丈夫ですよ!

 

3 ディズニーミュージカル『美女と野獣』札幌公演が北海道四季劇場にて開幕!

 北海道四季劇場にて、3月3日(日曜日)から、ディズニーミュージカル『美女と野獣』が開幕しました。札幌では、1998年~1999年に「JRシアター」で上演されて以来、実に15年ぶりの上演となります。
美女と野獣
撮影:荒井健 ©Disney
 『美女と野獣』は、エンターテイメント業界の雄ディズニーが、演劇ビジネスに初進出した作品です。ストーリーは、魔法で醜い野獣に変えられた王子と美しくて聡明な娘ベルとの恋物語。迫力の舞台装置、豪華絢爛な衣裳とめくるめくイリュージョン、そして流麗なメロディーの数々・・・、同名アニメーションを忠実に再現した舞台は、ディズニー作品ならではの魅力に溢れています。
美女と野獣
撮影:下坂 敦俊 ©Disney
 1994年ブロードウェイ初演以来、世界各地で大ヒット。翌95年に開幕した四季による日本公演は、「東京・大阪同時ロングラン」という画期的な方式で行われ、大きな話題となりました。以来、札幌上演を含め、国内9都市で上演され、総公演回数4,528回、累計観客動員数428万人以上という屈指の記録を誇っています。

 なお、ここ札幌での初演は1998年。感動的な愛と魔法の物語は、幅広い世代のお客様を魅了し、半年間で約15万人を動員。『オペラ座の怪人』『キャッツ』に続くロングラン記録を達成しました。あれから15年、待ち望まれ続けた作品が、新たな北の拠点・北海道四季劇場のロングラン第3弾作品として開幕しました。
美女と野獣
撮影:荒井健 ©Disney
 華やかなステージと、美しいナンバーに彩られた珠玉のラブストーリー。ディズニーミュージカル『美女と野獣』で素敵な時間を過ごしてみませんか。


■劇団四季『美女と野獣』
 場所 北海道四季劇場(札幌市中央区大通東1丁目10)
 劇団四季予約センター 0120-489444(10時~18時)
 お問い合わせ 011-200-6277(劇団四季北海道公演本部)

 公演日やチケット予約などの詳細は、劇団四季のホームページから確認してください。
 ホームページアドレス http://www.shiki.jp/

 

4 第1回札幌500m美術館賞グランプリ展「New Cities」「SAPPORO ART MAP」展を開催!

500m美術館  札幌大通地下ギャラリー500m美術館では、4月19日(金曜日)まで第1回札幌500m美術館賞グランプリ展「New Cities」/「SAPPORO ART MAP」展を開催しております。
●第1回札幌500m美術館賞グランプリ展は、500m美術館初の公募企画です!

 全長84メートルのガラスケースの展示空間を使った作品や企画を国内外から公募し、27件の応募の中からアーティスト永岡大輔さんの「New Cities」がグランプリを受賞しました。
500m美術館 500m美術館
©Daisuke Nagaoka 2013

 地下コンコースを行き交う人々は、どこから来てどこへ行くのだろうか?
 どこで生まれ育ち、どのような時間を過ごし、この場所にたどり着いたのか。そして、帰る家は?

 この作品は、永岡大輔氏が1ヶ月間夕張に滞在した記憶をもとに、都市と地方、そこに暮らす人々の感情や記憶を、映像とドローイングで表現しています。鉛筆で絵を描いては消し、描いては消し、という作業を繰り返す過程を撮影し、それをプロジェクターにより早送りで投影しているもので、ついつい足を止めて見入ってしまう作品となっています。

500m美術館500m美術館

●「SAPPORO ART MAP」展も同時開催しております!

 ウォールゾーンでは「SAPPORO ART MAP」展を開催しています。
 市内に点在している14ヶ所のアートスペースが作品を出展し、その活動の一端を紹介しています。
 500m美術館をスタート地点にして、配架されているアートマップを参考に、市内のアートスペース巡りを楽しむ、というのはいかがでしょうか。

500m美術館500m美術館

 500m美術館は誰でも無料で作品を観覧できる公共空間のギャラリーです。札幌を訪れた際は、ぜひお立ち寄りください! 500m美術館500m美術館

■札幌大通地下ギャラリー500m美術館
 所在地 地下鉄大通駅と地下鉄東西線バスセンター前駅を結ぶ地下コンコース(地下2階相当)内
     (札幌市中央区大通西1丁目~大通東2丁目)
 観覧時間 7時30分~22時00分 観覧無料
        照明点灯時間 7時45分~20時15分
 今回の展覧会期間 4月19日(金曜日)まで。(最終日は17時まで)
 ホームページ http://500m.jp/

 

5 ようこそさっぽろ3月の特集

ようこそさっぽろ

 3月の札幌は平均気温が0.6℃とプラスに転じます。今年は例年に比べて積雪量が多く、冬のアウトドアスポーツはまだまだ楽しめます。あったか旬のグルメと合わせて、札幌観光をお楽しみください。(写真提供:札幌国際スキー場)

●今月の特集
 ・札幌人が食する、冬のあったか旬メニュー


●今月の札幌の楽しみ方
 ・エビの王様!ボタンエビを召し上がれ

 ・春の山菜を味わおう!

 ・北海道ならではの雪上サイクリングで、冬のレジャーを楽しむ!

 ・冬の定番&トレンドを手軽に巡る~地元オプショナルツアーガイド

 ・平岸~リンゴ並木が語るまちの歴史  など

札幌の様々な分野をその道の達人がご案内します
 ・「バレンタイン<ホワイトデー」な街、さっぽろの手みやげスイーツ(スイーツ)  など

 ■ようこそさっぽろ
  http://www.welcome.city.sapporo.jp/
 ■札幌観光文化情報ステーション 札幌のイベント情報満載!
  http://www.sapporo-info.com/
 ■札幌市内のイベントスケジュールはこちら
  http://www.city.sapporo.jp/keizai/kanko/event/H25event-calendar.html

 

編集後記

 今月号、いかがでしたでしょうか。
 道産品ショップの記事で紹介した『オランダせんべい』は、エスカロップと並ぶ根室のご当地名物として、私のお気に入りです。10年近く前に根室を訪れた際に初めて見つけたのですが、当時は北海道内のほか地域では見かけない、珍しいものでした。
 さて、次号は4月11日(木曜日)に発行予定です。3月下旬に公開予定の円山動物園のホッキョクグマの双子をご紹介する予定です。お楽しみに!

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2376

ファクス番号:011-218-5129