ホーム > 観光・産業・ビジネス > 観光 > 札幌の観光行政 > もぎたてさっぽろ第88号

ここから本文です。

更新日:2012年11月8日

もぎたてさっぽろ第88号

札幌市観光メールマガジン 第88号 平成24年(2012年)10月11日
もぎたてさっぽろ
 みなさん、こんにちは! メルマガ担当の塚本です。
 先月行われた秋の食のイベント、「さっぽろオータムフェスト」は過去最高の来場者数となりました。
 これも一重に皆さまの御ひいきのおかげです。どうもありがとうございました。
 さて、今月は先月号で紹介しましたスマートフォン用観光アプリを使った札幌の楽しみ方を紹介します!
 

■今月のトピックス

1

札幌市の公式観光アプリ「札幌いんふぉ」を使ってみよう!

2

秋の風物詩「さっぽろ菊まつり」開催

3

さっぽろアートステージ2012が開幕します!

4

ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo&さっぽろホワイトイルミネーション

5

『マンマ・ミーア!』開幕!!
6 第64回さっぽろ雪まつりシンボルマーク・シンボルキャラクター決定!!
7 ようこそさっぽろ10月の特集

1 札幌市の公式観光アプリ「札幌いんふぉ」を使ってみよう!

札幌いんふぉ

 9月10日にリリースした札幌の公式観光アプリ「札幌いんふぉ」。先月号で紹介させていただきましたが、ダウンロードしていただけましたでしょうか?
 今回は2つのチームに分かれ、この「札幌いんふぉ」を使って人気の観光施設を巡ってみます!

○女子チーム「札幌もいわ山ロープウェイ→さっぽろスイーツカフェ」コース

 女子チームの最初の目的地は「札幌もいわ山ロープウェイ」。
 アプリの観光施設紹介ページの「マップ」ボタンを押すと、経路を探せます。出発地から目的地までの経路が地図上に描かれ、さらに、途中の交通機関、所要時間、距離などを教えてくれます。
 徒歩の区間では、「南に進む」「横断歩道を渡る」といった道案内をしてくれます。
 案内を頼りに市電の停留場に到着し、そこから路面電車に乗り込みます。

 札幌いんふぉ

札幌いんふぉ札幌いんふぉ
札幌いんふぉ札幌いんふぉ

 降車した「ロープウェイ入口」電停からは無料シャトルバスが出ていますが、今回は歩いてロープウェイを目指してみます。
 アプリの「コンパス」機能は進むべき方向を教えてくれるので、迷わずに目的地に辿りつけます。
 ちなみに、チケット売り場の窓口でアプリのクーポン画面を見せると、割引料金が適用されます。お見逃しなく!

 観光地に着いたら、ぜひ使っていただきたい機能が「ココカメラ」です。
 オリジナルのフレーム付きの写真を撮影できます。さらに、そのままTwitterやFacebookに投稿することもできるので、簡単に「札幌なう。」とつぶやけます!

 ロープウェイともーりすカーを乗り継いで山頂に行くと、雨上がりの虹が出ていました!
 もいわ山からの眺望を満喫した後は、風が気持ち良かったので、自然遊歩道を歩いて中腹駅まで戻りました。

 次は「さっぽろスイーツカフェ」に向かいます。
 路面電車で中心部まで戻り、今度はアプリの「札幌中心部マップ」を見ながら「さっぽろスイーツカフェ」を目指します。スイーツカフェのある地下街では残念ながらGPSが使えないので、現在地は自力で探しましょう。
 「さっぽろスイーツカフェ」では、もちろんスイーツをいただきます!
 どのケーキにしよう? そんなときにもアプリが手助け・・・は残念ながらありませんので、好きなものを選んでください。
 各種ベリーが可愛らしい「ミックスベリーフロマージュ」は甘さ控えめで、フロマージュチーズのコクにベリーの程よい酸味がアクセントに加わり、絶妙な大人の味でした。

 そうそう、ここでもアプリのクーポンが使えます。なんと「ドリンク50%割引」です!

札幌いんふぉ
札幌いんふぉ

○男子チーム「大倉山ジャンプ競技場→JRタワー展望室 タワー・スリーエイト」コース

 男子チームは、バスで最初の目的地「大倉山ジャンプ競技場」に向かいました。
 移動時間中は、アプリの観光施設紹介ページで目的地の見どころを予習しておきましょう!

 バスを降りてから、アプリのコンパス機能を使ってみましたが、大倉山ジャンプ競技場はすぐ目の前なので、コンパスを使うまでもありませんでした。路線バスのバス停からだと少し歩くことになるので、そんな時に活用してみてください。

 チケットカウンターでアプリのクーポン画面を見せると、リフト料金が割引となります。
 リフトで展望ラウンジへと上る途中に振り返ると、迫力のある景色を見ることができますよ。
 展望ラウンジではスキージャンパーの目線から、街を見下ろす景色を楽しめます。写真では伝わりにくいのが残念ですが、想像以上の急こう配で結構怖かったです。

札幌いんふぉ
札幌いんふぉ 

 

札幌いんふぉ札幌いんふぉ札幌いんふぉ

 続いては、「JRタワー展望室 タワー・スリーエイト」へ。
 再びバスに乗って、JRタワーがある札幌駅に向かいました。

 チケットカウンターでは、アプリのクーポン画面を忘れずに見せましょう。

 地上160mの高さにある展望室では、さきほどの大倉山ジャンプ競技場の眺望とは一味違って、街の中心から360度のパノラマを楽しむことができます。夜景もおすすめですよ。
 あと、写真撮影はちょっとしづらい場所ですが、展望室の男性用化粧室では他にはない解放感が味わえます。男性の方はぜひ訪れてみてください!
 最後にアプリのココカメラ機能で記念撮影!

 このアプリは、地図もクーポンも全部入っていて、思った以上に便利!と思いました。ただし、スマートフォンの機種や設定、使い方にもよりますが、電池切れには注意してください。電池が切れたときに、地図もガイドブックも持っていないと途方に暮れてしまうかもしれません。
 また、このアプリでは観光施設の紹介動画をたくさん見ることができますので、札幌を訪れる前に見どころを予習するのにも便利です。
 『札幌いんふぉ』を活用して、札幌の観光をさらに楽しんでくださいね!


■札幌いんふぉ
 http://www.hbc.co.jp/rocket/sapporoinfo/

■札幌もいわ山ロープウェイ
 http://www.moiwayama.jp/

■さっぽろスイーツカフェ
 http://sweets-cafe.jp/

■大倉山ジャンプ競技場
 http://okura.sapporo-dc.co.jp/jump/index.html

■JRタワー展望室 タワー・スリーエイト
 http://www.jr-tower.com/t38/restroom/

  

2 秋の風物詩「さっぽろ菊まつり」開催

さっぽろ菊まつり  札幌の秋の風物詩として、今年で50回目を迎える「2012さっぽろ菊まつり」を、10月31日(水曜日)から11月4日(日曜日)まで開催します。
 今年は50周年を記念して、会期を例年の4日間から5日間に延長して行います。昨年からメイン会場を札幌駅前通地下歩行空間に移転し大幅リニューアルしましたが、今年も札幌駅と大通駅とを結ぶ地下空間に、丹精込めて作られた菊花が多数展示されるほか、菊づくりの熟練者が菊の見かた・つくり方を解説するコーナーを設置します。
 今年のオープニングは10月31日(水曜日)11時より札幌駅前通地下歩行空間内北3条広場で行い、先着500名に菊の切花をプレゼントします。
 また、札幌駅前通地下広場とさっぽろ地下街オーロラタウン内のオーロラプラザに50周年記念菊花総合花壇を設置します。大小様々・彩り豊かな菊の花壇が観客を魅了します。最終日の11月4日にはオーロラプラザに設置した花壇で使用した菊花を、数量限定でプレゼントします。
 期間中、札幌駅前通地下歩行空間内では日本舞踊などの文化芸能や、大道芸等のパフォーマンス、ジャズの演奏など幅広いジャンルのステージイベントが繰り広げられるほか、生け花展示や書、俳句などの文化作品展示も行われ、菊の鑑賞と併せて総合的な文化のまつりとして楽しむことができます。
 さらに、食用菊を販売するコーナーや、定山渓の秋の魅力をPRするコーナー、北海道内の豊かな大地や海がもたらす一次産品を活用した商品である「北のブランド」の選りすぐりの商品を販売するコーナー、菊まつりの会場や都心部を着物を着て散策できる着物体験コーナーなど、様々な企画を御用意してお待ちしています。
 ぜひこの機会に、記念すべき50周年を迎えるさっぽろ菊まつりにお越しください。

 ■さっぽろ菊まつり
  http://www.sweb.co.jp/kanko/kiku/

 

3 さっぽろアートステージ2012が開幕します!

 11月を文化月間と位置付け、様々なアートイベントを集中的に行う『さっぽろアートステージ2012』が開幕します。8回目を迎える今年も、市内各所で美術作品の展示、演劇、合唱、ストリートライブなどが行われ、街がアートに染まります。
 「アートの入り口」をコンセプトにしたイベントになっていますので、気軽に芸術に触れてみて下さい!

・TGR札幌劇場祭
 市内9つの劇場で約1か月間公演を行い、企画を競い合います。
  日程 11月1日(木曜日)~12月2日(日曜日)
  場所 市内各劇場
・北海道中学生演劇発表大会
 中学生演劇の全道大会。今年も全道各地区の予選を勝ち抜いた中学校が全国大会への切符をかけて競い合います。
  日程 11月23日(金曜日、祝日)~24日(土曜日)
  場所 札幌市教育文化会館
・さっぽろスクール音楽祭
 小学校、中学校、高校の合唱、器楽・吹奏楽による演奏を行います。
  日程 11月11日(日曜日)
  場所 札幌コンサートホールKitara
・クロスロードライブ
 市内を中心に道内外の幅広いミュージシャンの募集を行い、30組のミュージシャンよるストリートライブを行います。
  日程 11月17日(土曜日)~18日(日曜日)、11月24日(土曜日)~25日(日曜日)、12月9日(日曜日)
  場所 札幌駅前通地下歩行空間北3条広場
・アートストリート
 現代アートを中心とした作品を約1か月間展示します。10日(土曜日)の16時からは作品の解説ツアーを行います(要予約)。
  日程 11月10日(土曜日)~12月9日(日曜日)
  場所 札幌駅前通地下歩行空間
・キックオフイベント
 オープニングイベントとしてステージパフォーマンス、アートフリーマーケット、アートワークショップを行います。
  日程 11月10日(土曜日)
  場所 札幌駅前通地下歩行空間
・クロージングイベント
 クロスロードファイナルライブ、クロージングステージなど、さっぽろアートステージ2012を締めくくるイベントを行います。
  日程 12月9日(日曜日)
  場所 札幌駅前通地下歩行空間

 詳細はホームページにてご確認下さい。

 ■さっぽろアートステージ2012
  http://www.s-artstage.com/2012/

 

※北海道中学生演劇発表大会の日程、アートストリートの作品解説ツアーの時間に変更がありました。

さっぽろアートステージ2012

TGR札幌劇場祭2011大賞受賞作品
劇団千年王國『狼王ロボ』

さっぽろアートステージ2012
さっぽろアートステージ2012
さっぽろアートステージ2012

 

 

4 ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo&さっぽろホワイトイルミネーション

 『第32回さっぽろホワイトイルミネーション』が11月22日(木曜日)から、『第11回ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo』が11月26日(月曜日)から始まります。今回は、さっぽろの初冬を彩るこの2つのイベントの情報をお伝えします

○第32回さっぽろホワイトイルミネーション

 初冬の札幌をきらびやかに彩る『さっぽろホワイトイルミネーション』は、幻想的な光の空間を創り人々を魅了してきました。昭和56年から始まり、今回で32回目を迎えます。雪景色の中で見る、札幌のイルミネーションは他には無い魅力があります。
 大通会場には、大好評をいただいたクリスタル・リバーが今年も登場します。南北には駅前通りを会場に、東西には南一条通りを会場に、立木装飾が美しくきらめきます。
 札幌発の光の芸術を存分にお楽しみください。

■さっぽろホワイトイルミネーション
 場所 大通公園、駅前通り、南一条通り
 開催期間
  大通公園 平成24年11月22日(木曜日)~12月25日(火曜日)

  駅前通り 平成24年11月22日(木曜日)~平成25年2月11日(月曜日・祝日)
  南一条通り 平成24年11月22日(木曜日)~平成25年2月14日(木曜日)
 点灯時間 16時30分~22時00分

ホワイトイルミネーション

○第11回ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo

ミュンヘン・クリスマス市
ミュンヘン・クリスマス市 

 札幌の姉妹都市ドイツ・ミュンヘンのクリスマスを身近に感じることができる『ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo』が今年も大通公園にやってきます。
 今年はミュンヘン市と姉妹都市提携40周年を迎える記念の年で、メイン会場の大通公園のほか、市内各所で様々な催しを開催する予定です。今回はその一部をご紹介します。


【大通会場】
 大通公園には飲食、物販合わせて27の出店があり、グリューワインやローストアーモンドなどの本場ドイツの味や、多種多様なかわいいクリスマス関連の雑貨が販売されます。
 また、今年は規模を拡大し、新たにさっぽろテレビ塔でもクリスマス市を開催します。

【札幌駅・大通地区】
・札幌駅前通地下歩行空間
 クリスマス市のサテライト会場として、クリスマスをイメージした装飾や公式グッズ販売を行うほか、12月14日(金曜日)~16日(日曜日)、12月21日(金曜日)~24日(月曜日・祝日)の期間限定で、クリスマス雑貨などを販売する「クリスマス プチマルシェ」を開催します。

・クイズラリー
 今年新たな催しとして、40周年記念スペシャルクイズラリーを実施します。札幌駅・大通周辺地域に設置されたクイズに答えた方に、抽選でオリジナルグッズをプレゼントします。

・スペシャルメニューフェア
 市内の飲食店にミュンヘン・クリスマス市スペシャルメニューが登場します。

■ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo
 日程 平成24年11月26日(月曜日)~12月24日(月曜日・祝日)
 時間 (平日)12時~21時 ※金曜日は21時30分まで
  (土曜日)11時~21時30分
  (日曜日・祝日)11時~21時(12月23日は21時30分まで)
 メイン会場 大通公園2丁目
 お問合せ ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo実行委員会(札幌市国際部内)電話011-211-2032
 ホームページ http://www.sapporo-christmas.com

5 『マンマ・ミーア!』開幕!!

 

 行ってきました!『マンマ・ミーア!』
 劇団四季の北海道四季劇場で『ライオンキング』に続くロングラン作品の2作目、『マンマ・ミーア!』が9月26日、ついに開幕しました。この作品は、数あるミュージカルの中でも世界325都市で熱狂した、正真正銘、超一流のエンターテイメント!と言われています。
劇団四季『マンマ・ミーア!』
撮影:阿部章仁
劇団四季『マンマ・ミーア!』
撮影:阿部章仁
 舞台は、エーゲ海に浮かぶ小さな島。この設定だけでも現実逃避、舞台の雰囲気に癒されます。
 そして1970年代に人気を集めたABBA(アバ)のヒットナンバーで構成されるジュークボックスミュージカル。・・・実は自分はABBAをあまり知らない、楽しめるのだろうかと思っていました。…が、「これ聞いたことある!」という曲が何曲もありました。テレビ等でよく使われているのでしょうか。中でも『ギミ!ギミ!ギミ』は、大好きなマドンナの曲でよく聞いていた曲です。マドンナの曲で2005年にヒットした『ハング・アップ』は、ABBAに懇願の上、サンプリングして作ったそうです。楽しくてカッコイイ曲ばかり。ABBAってすごい。数日間、メロディーが頭の中から離れそうにありません。
 とにかくかっこいいのは、ストーリーに出てくる女性達です。不安を抱えながらも前向きで明るいソフィを観て、自分もこうでなくっちゃ!と思い、母親とその友人2人の3人組で歌い踊るシーンを観て、自分ももっと楽しめる!と思い知ります。同時に役者さん達のパワフルな歌声とダンス、感情の表現力を観て、人間のパワーをたくさん感じてきました。
劇団四季『マンマ・ミーア!』
撮影:中島仁實
~観劇後のインタビューコーナー~
「歌声がすごい。びっくりした。」
・・・特にミュージカルに行く機会がない方は、一人で歌っている声の迫力に圧巻です。
「花嫁衣裳着るときってこんな感じで胸がいっぱいになるのかな。」
・・・もう忘れました。
「ライブみたいな感じで盛り上がった。」
・・・最後はスイングしてノリノリでした!


 ■劇団四季『マンマ・ミーア!』
  北海道四季劇場で9月26日(水曜日)から公演中。現在、12月16日(水曜日)までチケットを好評発売中です。
  公演日やチケット予約などの詳細は、劇団四季のホームページから確認してください。
  ホームページ http://www.shiki.jp/
  チケットのご予約は劇団四季予約センター 0120-489444(10時~18時)まで

  北海道四季劇場 札幌市中央区大通東1丁目10
  問合わせ 011-200-6277(劇団四季北海道公演本部)

6 第64回さっぽろ雪まつりシンボルマーク・シンボルキャラクター決定!!

 来年の2月5日(火曜日)~11日(月曜日・祝日)に開催される、第64回さっぽろ雪まつりのシンボルマーク・シンボルキャラクターが決まりました。
 シンボルキャラクターはポスターメインビジュアルの「雪だるまのペア」をかわいらしくイラストで表現しており、ポスター同様に、日本らしさが漂うデザインです。国内はもとより、広く海外からも愛されるキャラクターとなっています。
シンボルマークは、キャラクターを全面的に使用し、『64th SAPPORO SNOW FESTIVAL』をあしらったデザインで、さっぽろ雪まつりへお越しいただく全ての皆様をお迎えします。
 広告媒体、非商品であれば、無料で使用できます。詳細は下記さっぽろ雪まつり公式HPにてご確認ください。

 ■さっぽろ雪まつり公式HP
  http://www.snowfes.com/
雪まつりシンボルキャラクター雪まつりシンボルキャラクター

7 ようこそさっぽろ10月の特集 

ようこそさっぽろ

 10月の札幌は山の方から徐々に色づいていきます。紅葉の秋に、収穫の秋。彩り鮮やかな札幌のまちをお楽しみください。

 

●今月の特集
 ・紅葉がきれいな街
  
●今月の札幌の楽しみ方
 ・カーリングを本格的スタジアムで体験!
 ・北海道産ワインと道産食材が味わえる店
 ・石狩でイクラ作りと「台鍋」を味わう
 ・秋の味覚!北海道のシシャモ
 ・食欲の秋に、札幌のカボチャ!
 ・円山-札幌の礎を築いたまち   など

 ■ようこそさっぽろ
  http://www.welcome.city.sapporo.jp/
 ■札幌観光文化情報ステーション 札幌のイベント情報満載!
  http://www.sapporo-info.com/
 ■札幌市内のイベントスケジュールはこちら
  http://www.city.sapporo.jp/keizai/kanko/event/H24event-calendar.html

 

編集後記 

 今月号、いかがでしたでしょうか。
 暖かい日が続き、今年の紅葉は遅れていましたが、ようやく始まってきました。我々の職場では明日、定山渓で「観楓会(かんぷうかい)」を行います。観楓会というのは、紅葉を眺めながら酒を飲み交わす、という北海道の風物詩。実際は紅葉を見ることはほとんどなく、ほぼ温泉宿泊付き宴会なのですが、粋な風習だと思いませんか。
 さて、次号は11月8日(木曜日)に発行予定です。来月号は、エリア特集ということで「まち歩き」の楽しみ方をお伝えしたいと思っています。お楽しみに!

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2376

ファクス番号:011-218-5129