ホーム > 観光・産業・ビジネス > 観光 > 札幌の観光行政 > もぎたてさっぽろ第86号

ここから本文です。

更新日:2012年8月9日

もぎたてさっぽろ第86号

札幌市観光メールマガジン 第86号 平成24年(2012年)8月9日
もぎたてさっぽろ
 みなさん、こんにちは! メルマガ担当の塚本です。
 オリンピックを見て、ちょっとスポーツを始めてみようかな、なんて思っている方は必見! オリンピック競技ではありませんが、今月号で紹介している北海道発祥の『パークゴルフ』は気軽に始めることができ、しかも最初から楽しくプレイできますよ~。
 そのほか、札幌発のバスツアーや夜景スポットについてもご紹介します!
 

■今月のトピックス

1

日帰りバスツアー「ほっとバス」運行開始!

2

札幌の夜景を楽しめるスポット

3

パークゴルフを体験しよう!

4

さっぽろタパス2012 ~食べて歩いておいしい札幌を遊ぶ5日間 プラス3日間~

5

おすすめさっぽろ巡り(観光モデルコース)に新たに3コースを追加しました!!
6 さっぽろオータムフェスト2012の内容を先取り!
7 ようこそさっぽろ8月の特集

1 日帰りバスツアー「ほっとバス」運行開始!

 7月より運行開始となりました、北海道オプショナルツアーズ株式会社の日帰りバスツアー「ほっとバス」の試乗会に参加させていただきました。
 行き先は曜日によって決まっており、「富良野・美瑛・旭山動物園方面」、「日高・門別・平取・新冠方面」、「登別・洞爺・白老方面」、「支笏湖・洞爺・昭和新山方面」の4コースがあります。今回は「日高・門別・平取・新冠方面」のツアーに参加しました。
 いずれもさっぽろテレビ塔発着で9時発18時30分着です。料金は8,800円(3歳~11歳は7,000円、0歳~2歳は無料)で食事つき♪ 前日16時までに電話予約が必要です。
 こちらのバスツアーは、英語、中国語、韓国語にも対応した音声ガイドシステムが備えられており、日本人以外の方々にも御利用いただけます。

○いざ出発!


 まずはさっぽろテレビ塔1階「ほっとバス受付所」にて受付を済ませます。青い看板が目印です。
 バスに乗り込むと、座席にはカードサイズの「受信機」と「イヤホン」がありました。この受信機で日本語を含め4か国語での案内を実現しています。案内は充実していて、地名の由来など北海道民である私も知らない情報を知ることができました。

ほっとバス

 ○二風谷アイヌ文化博物館

 出発から約1時間40分、最初の目的地である平取町の二風谷(にぶたに)アイヌ文化博物館に到着しました。ちなみに、「ニブタニ」は、アイヌ語で「大きな森林、木がたくさん生えている状態」を意味するのだそうです。
 博物館の敷地内にはアイヌ民族の住居を復元した「チセ」と呼ばれる住居があり、目を引きます。
 職員の説明を聞いてから館内を探検! 食事や狩猟、農耕など、手作りの生活民具がびっしり。木彫りの小舟は日本一の大きさだそうですよ!
ほっとバスほっとバス

○お待ちかねのデラックスランチ!!

 博物館で歩きまわり、お腹が空いてきたところで、そろそろお昼の時間です。
 なんとも豪華なことに、お昼から地元の食材をふんだんに使ったフルコースです! 日高沖でとれたタコのカルパッチョから始まり、コーンポタージュ、日高産モッツァレラチーズとトマトのサラダと続き、メインは新冠産黒豚フィレ肉の香草パン粉焼き! お肉はとっても柔らかく、おいしかったです!
 デザートもケーキ、アイス、フルーツと豪華な内容です。満腹!満足!!幸せ!!!
 ドリンクも1杯ついていますが、別途追加することもできます。4ヶ国語対応の注文表を店員さんに渡すだけなので、外国人の方でも簡単に注文できる仕組みとなっています。 
ほっとバスほっとバス

○「ホロシリ乗馬クラブ」にて乗馬体験!

 食後は、道の駅「サラブレッドロード新冠」でお土産を調達し、いよいよ本日のメインイベント「乗馬体験」です。旅行と言えば体験! 見るだけでは得られない旅の思い出になります。
 人生初の乗馬で、お馬さんが暴れるのではないかと、ドキドキ・・・。
 乗馬した時の視界はとても高くて不安になりますが、スタッフの方が手綱をしっかり引いてくれているので心配無用です。1周350メートルをゆっくり楽しむことができます。
 この日は4頭のお馬さんが登場しましたが、その中には「ダイワテキサス」という、なんと6億円以上の賞金を獲得した名馬もいました!!

○門別競馬場にて競馬鑑賞

 乗馬の後は、ツアー最後の行程、門別競馬場で競馬鑑賞です。
 この日は試乗会のため、レースが開催されない日でしたが、通常は2~3レースを鑑賞できます。
 競馬をやったことがない、馬券の買い方がわからない・・・という方にも馬券の買い方をわかりやすくレクチャーしてくれるそうです。なんと100円で万馬券を買うことができます!(当たれば、ですけど)。

ほっとバス  

 北海道民である私も訪れたことがない場所が多くて、北海道の魅力を再発見した旅となりました。
 道外からフリープランなどで来て「1日空いちゃった」という方におすすめだと思います。
 ほっとバス以外にも、北海道中央バスが札幌市内や近郊を周遊する定期観光バスを運行しています。短いものでは2時間30分くらいからありますので、所要時間と興味の対象でコースを選ぶと良いでしょう。
 また、札幌の公式観光サイト「ようこそさっぽろ」の「札幌発着日帰りツアー案内」で、様々な札幌発着の日帰りツアーを検索できますので、ぜひご活用ください。
 観光シーズン真っ盛りの北海道、札幌発着のバスツアーで周遊を楽しんでみませんか。

 ■ほっとバス
  http://www.hotbus.co.jp/index.php

 ■定期観光バス(北海道中央バス)
  http://www.chuo-bus.co.jp/sightseeing/

 ■ようこそさっぽろ「札幌発着日帰りツアー案内」
  http://www.welcome.city.sapporo.jp/calendar/

 

2 札幌の夜景を楽しめるスポット

 札幌と言えども夏は暑いですが、日が落ちれば涼しくなります。夏の涼しみ方ということで、札幌の夜景についてご紹介します。
 札幌の夜景スポットと言えば、藻岩山、さっぽろテレビ塔、JRタワーが定番ですが、今回は穴場を含めて、夜ならではの景色を楽しめるおすすめスポットをいくつかご紹介します。

 札幌の夜景_テレビ塔

○さっぽろテレビ塔

 さっぽろテレビ塔から大通公園を見下ろす景色は定番中の定番ですが、ライトアップとイルミネーションで化粧されたテレビ塔を見上げるのもおすすめです。
 8月24日(金曜日)の『開業記念日バージョン』など、特別なイルミネーションを行う日もあります。いくつ見れるか、挑戦してみるのも楽しいかもしれません!?
 なお、今年は節電のため、点灯時間が短くなっています。季節によっても点灯時間帯が異なりますので、ホームページにてご確認ください。

 ■さっぽろテレビ塔 ライトアップスケジュール
 http://www.tv-tower.co.jp/contents/deck/lightup.html  

○旭山記念公園
札幌の夜景_旭山記念公園
 札幌市中央区にある、見晴らしの良い公園で、夜景スポットとしても人気です。
 藻岩山や大倉山の展望台よりも低い位置にあり、街の灯りが迫ってくるような一味違った札幌の夜景を楽しむことができます。
 園内は斜面となっていて、下に降りて行くと噴水もあります。噴水は20時過ぎには止まっていましたので、少し早めに行くとよいでしょう。
 駐車場は無料ですが、22時に閉門となりますので、ゆっくりしすぎに注意しましょう。
 地下鉄円山公園駅からバスで行くこともできます。バスの時間は事前にご確認を。
 また、夏場は虫よけ対策を念入りにしてください。

 ■旭山記念公園
 http://www2.wagamachi-guide.com/sapporo_koen/apps/list.asp?mode=2&ID=300002 

○幌見峠夜景展望駐車場
 札幌の夜景_幌見峠

 幌見峠(ほろみとうげ)は中央区の山中にあり、地元民の知る人気の夜景スポットです。
 私は初めて訪れたのですが、人里から離れた静かな場所で眺める札幌の夜景に、思わず息を飲みました。
 ここの夜景はなんと車の中から観ることができます。車内なら夜景を二人だけでゆっくり眺めることができるので、デートに最適!
 料金は1台500円です。

 ■幌見峠夜景展望駐車場(夢工房さとうの夜景)
 http://www6.ocn.ne.jp/~horomi/yakei.htm

○モエレ沼公園

 イサム・ノグチ氏による設計で有名なモエレ沼公園は、夜に訪れても美しい景色を見せてくれます。
 せっかくなので、暗くなる前に行って、夕焼けから楽しみましょう。
 水の彫刻と呼ぶにふさわしい「海の噴水」は明るい時間に見ても楽しめますが、夜はライトアップと組み合わさり、幻想的な顔をみせてくれます。季節・曜日によって運転時間帯が異なりますので、事前にご確認してから訪れてください。
 ガラスのピラミッドからは、藻岩山とほぼ反対側から見る、いわば札幌の「裏夜景」を楽しむこともできます。
 ここも夏場は蚊がいますので、虫よけ対策は念入りにしてください。

 ■モエレ沼公園
 http://www.sapporo-park.or.jp/moere/
札幌の夜景_モエレ沼公園札幌の夜景_モエレ沼公園札幌の夜景_モエレ沼公園札幌の夜景_モエレ沼公園

 いずれも、オープンしている期間・時間等を事前にご確認の上で訪れてください。
 良い写真が撮れましたら、さっぽろフォトコンテストへのご応募をよろしくお願いします!

 ■さっぽろフォトコンテスト2012
  http://www.sapporo-photocon.com/

 

3 パークゴルフを体験しよう!

 パークゴルフは1983年に北海道幕別町で生まれた新しいスポーツです。
 ルールはとても簡単で、ゴルフと同様に1打目を打ってからボールをカップに入れるまでの打数を競います。
 ゴルフと似ていますが、より身近に公園で行うことから「パークゴルフ」と名付けられました。
 ショットもパットも同じクラブを使用しますので、初心者の方も気軽に始めることができます。そして何より、子どもからお父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんまで一緒に楽しむことができるのがパークゴルフの醍醐味です。

 札幌には多くの市民が身近に楽しめるよう、パークゴルフ場が数多く整備されており、市内には60か所以上のパークゴルフ場があります。
 今回はその中で、クラブは持っていないけど是非やってみたいという方のために、用具の貸出しを行っている2施設を紹介します。

 1か所目は東区丘珠空港の近くにある「つどーむ」です。用具を200円で借りることができ、気軽に体験できます。
 基礎から教えてほしいという方には、初心者向けのパークゴルフ教室(有料)を開催しています。開催日程は不定期のため、お問い合わせください。

パークゴルフ_つどーむ  

 2か所目は東区の農業体験交流施設「サッポロさとらんど」です。
 こちらも用具を200円で借りることができます。
 園内は北海道らしい牧歌的な風景が広がります。夏の北海道。さわやかな風が渡る並木道を幌馬車が通り過ぎます。コースにものどかな時間が流れます。
 汗をかいた後は、売店で濃厚なソフトクリームをどうぞ。
パークゴルフ_さとらんどパークゴルフ_さとらんどパークゴルフ_さとらんど

 この夏は豊かな緑に囲まれた札幌のパークゴルフ場にご家族、お友達と一緒にぜひお越しください。

 ■スポーツ交流施設(つどーむ)パークゴルフコース
  コース 18ホール、パー66
  利用料金 一般300円、中学生以下150円、65歳以上210円
  用具貸出 200円
  住所   東区栄町885番地1
  電話   011-784-2106
  http://www.shsf.jp/tsudome/index.html

 ■サッポロさとらんど内パークゴルフコース
  コース  27ホール、パー99
  利用料金 一般500円、小中学生200円、65歳以上350円
  用具貸出 200円
  住所   東区丘珠町584番地2
  電話   011-787-0223
  http://www.satoland.com/

4 さっぽろタパス2012 ~食べて歩いておいしい札幌を遊ぶ5日間 プラス3日間~

さっぽろタパス
さっぽろタパス 

 スペイン南部のBAR(スペイン語でバル:バーのようにカウンターでお酒などが飲める場所)でビールやワインなどのアルコール類を注文すると一緒に出されるつまみをタパ(TAPA)と呼び、その複数形を「タパス(TAPAS)」と呼び、各店でそれぞれの特色を楽しむことができます。

 今年で開催7回目となる「さっぽろタパス」は、いいお店揃いの札幌の飲食店を気軽に食べて歩く絶好のチャンス! 個性的な飲食店を自由に選んで、5片または9片のチケット綴り『ボノタパス』を参加店各店に持っていくと、「飲み物+タパス(おつまみ/おやつ)」を楽しめます。
 参加店は97店+専門店5店+観光文化施設4施設。札幌市の中央区内の飲食店を中心に、前年の満足度とファン投票で選ばれた個性派揃いのお店ばかり。飲食店に加えてワイン・チーズ・パン・スイーツ専門店も参加、飲食やお持ち帰りもOK。
 さらに、充実の「チケット2枚ランチ」を今年も実施します。
 このお得な機会を利用して、お気に入りのお店を見つけましょう!

 さっぽろタパス終了後、まだまだ雰囲気を味わいたい方は必見!
 9月14日(金曜日)から30日(日曜日)まで大通公園で開催される「さっぽろオータムフェスト2012」の「4丁目会場」において、「さっぽろタパス」のスタンディング・バーがさらにパワーアップして今年も登場します。お見逃しなく!

・チケットの価格・購入方法
 ボノタパス(チケット綴り)5枚綴り:前売券3,600円/当日券3,800円
 ボノタパス(チケット綴り)9枚綴り:前売券6,200円/当日券6,500円
 前売券は下記ホームページから事前申込が可能です。<8月31日(金曜日)まで>

 ■さっぽろタパス2012
  開催期間 9月2日(日曜日)~6日(木曜日)の5日間
   ※9月7日(金曜日)~9日(日曜日)は一部参加店舗による追加開催日
  参加店などの詳細は、決定次第ホームページで告知されますので、ご確認下さい。
  http://www.sapporowalk.com/ ※8月中旬公開予定、詳細は決定次第随時更新予定  

 

5 おすすめさっぽろ巡り(観光モデルコース)に新たに3コースを追加しました!!

 札幌市では、市民が観光客の方々にお勧めするモデルコースを作成しています。このたび新たに3つのコースを追加しましたのでご紹介します。

おすすめさっぽろ巡り 

 

○VOL.11 市電でめぐるロマンティックデート~カップル向けモデルコース~

 札幌市民なら一度はデートでめぐる定番スポットをご紹介。市電にゆったり揺られながらアートやカフェめぐり、そして、締めくくりは藻岩山の夜景…。二人の距離を縮めるデートコースです!

【所要時間】約8時間
【コース】中島公園散策→アジャンタインドカリィ店→北海道立近代美術館→藻岩山展望台

【詳細はこちら】http://www.welcome.city.sapporo.jp/course/vol11/

おすすめさっぽろ巡り 

 

○VOL.12 ドライブで楽しむ家族で大満喫!ファミリー向けモデルコース

 家族そろって札幌観光を楽しむドライブコース。パークゴルフや、芸術体験など子どもたちと一緒にたのしめるコンテンツが満載!夏休みや冬休みの思い出づくりにも最適です!

【所要時間】約8時間30分
【コース】エルクの森→グルメスポット→札幌芸術の森→国営滝野すずらん丘陵公園→さっぽろ羊ケ丘展望台

【詳細はこちら】http://www.welcome.city.sapporo.jp/course/vol12/

 おすすめさっぽろ巡り

 

○VOL.13 夢大地北海道ガイドタクシー プロにおまかせ!~親孝行に最適のモデルコース~

 両親に札幌観光をプレゼントしたい。通常のツアーとは違った旅をしたい。そんな願望をかなえてくれるモデルコースです。プロのガイドが案内するので、満足度は120%です!!

【所要時間】約4時間
【コース】北海道神宮→札幌中央卸売市場場外市場→札幌市時計台→北海道開拓の村

【詳細はこちら】http://www.welcome.city.sapporo.jp/course/vol13/

 

6 さっぽろオータムフェスト2012の内容を先取り!

さっぽろオータムフェスト2012さっぽろオータムフェスト2012

 

 いよいよ! 今年も「さっぽろオータムフェスト2012」が9月14日(金曜日)に開幕、30日(日曜日)までの17日間にわたり開催いたします。各会場のコンセプトやコラボ企画の内容を先取してお知らせします!

○4丁目会場「ウェルカムゲート」(10時00分~20時30分)
『総合案内所』
 会場全般の案内を行うインフォメーションコーナー、すすきの地区、創成川東地区、円山地区、藻岩山地区、市内ホテル、市内のおすすめグルメ店の紹介を行うコンシェルジュコーナーがあります。オータムフェストのことで困ったときはここで聞きましょう。
『さっぽろシェフズキッチン』
 札幌市内のフレンチやイタリアンなどの札幌を代表する人気店のシェフたちが、日替わりで登場!
 道産食材にこだわった、おいしくて安心できるオータムフェスト限定料理をリーズナブルに500円と1,000円で提供します。また、シェフ特製スイーツも300円でお楽しみいただけます。
『さっぽろPROST!』
 今年は札幌市とドイツのミュンヘン市との姉妹都市提携40周年。それを記念して本場ドイツのビールとビールに合う料理を提供します。また、ミュンヘン市で開催されるオクトーバーフェストの紹介も行います。
『さっぽろタパス』
 全長10mの対面式スタンディングカウンターにより、北海道産のワインをはじめ、世界15カ国以上のワインと野菜やチーズをその場でシンプルに調理したタパス(おつまみ)をお楽しみいただけます。

○5丁目会場「北海道の新・ご当地グルメ&ラーメン祭り2012」(10時00分~20時30分)
 全17日間を3つの会期に分け、各4種類の新・ご当地グルメ、各5種類のラーメンが入れ替わりで登場します。これまで出店したラーメン店101店舗から、過去人気の高かった15店舗が出店します。
 また、今年は食材や食の関連産業をより多くの人に伝える「食クラスター」や道産牛の消費拡大をテーマに企画した「焼肉フェスティバル」など新コンテンツも充実します。足を運ぶたびに違うメニューを楽しめるということも大きな魅力ですね!

○6丁目会場「あおぞら×ほしぞら 大通バザールアミーゴ!」(10時00分~20時30分)
 「札幌発信の食」をテーマに、全国で大人気のスープカレー、さっぽろスイーツを提供し、より魅力的な「札幌の食」と「まちの楽しさ」との出逢いを演出します。また、例年好評のスタンディングバーを「6丁目 あおぞら×ほしぞらバル」としてリニューアル。道産食材にこだわったグルメやおつまみ、道産野菜、フルーツのカクテル等を提供します。

○7丁目会場「大通公園7丁目BAR」(10時00分~20時30分)
 道内のワイナリーや酒蔵からとっておきのワインや日本酒、道産果実を使用したカクテルを提供。北海道産のお酒のおいしい飲み方を提案し、お酒に合う道産食材を中心に使用したおつまみを提供します。
 「北海道ワイナリービレッジ」では3期に分けて14ワイナリーが出店。ミニワイン講座や限定ラベルフェアを開催します。「日本酒BAR」では道内の蔵元13メーカー全てをラインナップ。蔵元自慢の「ひやおろし」や「飲み比べセット」も楽しめます。「HOKKAIDO酒肴MARCHE」では15店舗が北海道産食材にこだわった、お酒によく合うメニューを提供します。そのほかにも、スイーツ、果実酢、ベーカリーを楽しむことが出来ます。

○8丁目会場「札幌大通ふるさと市場」(10時00分~18時00分)
 道内100を超える市町村が、調理販売や加工品などで自慢の特産品を提供します。
 週替りで市町村を入れ替えて開催するほか、一部のエリアでは17日間の通期営業で出展します。道内の「食べたかった」あの味や、「欲しかった」あの品などに出会えるチャンス。何度来ても楽しめる地域食ブランドの「巨大ショーケース」をゆっくりご堪能ください。
 9月21日(金曜日)~24日(月曜日)には、市町村同士のコラボレーションによる期間限定オリジナルメニューを販売します。
 今回は、新たに屋根付きの休憩・飲食スペースを設置し、降雨対策も行っています。

【コラボ企画】
○創成川東エリア
・創成川イースト 美味しい出合い
 隠れ家的雰囲気の中で味わえる、フードとドリンクで1,000円以内の特別セットを6軒の飲食店が提供します。
 期間:9月14日(金曜日)~30日(日曜日)
・オータムビヤフェスト2012 inサッポロファクトリー
 ビールと料理を味わいながらイベントを楽しむ3日間。札幌・ミュンヘン姉妹都市提携40周年記念事業も開催され、記念ビールも提供します。
 期間:9月21日(金曜日)~23日(日曜日)
 場所:サッポロファクトリー アトリウム、煙突広場

○藻岩山エリア
・藻岩山 美味ピクニック
 藻岩山エリアにあるカフェやレストラン6店舗が、フードとドリンクで1,000円以内の特別セットを提供します。
 期間:9月14日(金曜日)~30日(日曜日)
・もいわ山ロープウェイ割引
 期間中、オータムフェスト公式ガイドブックを持参すると、ロープウェイともーりすカーを特別料金でご利用できます。
 期間:9月14日(金曜日)~30日(日曜日)
 料金(往復):大人通常1,700円⇒1,360円、小人通常850円⇒680円

○円山エリア
・美味散策 円山オータムランチ
 円山エリアにあるフレンチ、イタリアン、和食などの上質レストラン14店舗が、道産食材を使用してオータムフェスト期間限定の特別ランチを2,000円で提供します。
 期間:9月14日(金曜日)~30日(日曜日)
 ※希望日の前日(一部2日前)までに予約が必要な店舗があります

○すすきのエリア
・すすきの美味ざんまい
 すすきのエリアのレストランや居酒屋、バーなど15軒が、旬の道産食材を使った「お酒に合う一品料理」を1,000円以内で提供します。
 期間:9月14日(金曜日)~30日(日曜日)

○市内ホテル
・旬の美味を札幌のホテルで
 札幌市内にある19のホテルが、道産食材の持ち味を生かした期間限定特別メニューを、ホテルならではのサービスとゆったりとした空間とともに提供します。
 期間:9月14日(金曜日)~30日(日曜日)

○コラボレーションエリアへの交通手段
・ベロタクシー
 各コラボエリア、特に大通から創成川東エリアへの周遊にご利用ください。4丁目会場内に受付場所を設けます。
・ポロクル
 昨年からスタートした自転車共同利用サービス。市内各所に設置されたポート(専用駐輪場)の場所や利用方法の紹介を行います。

 このほかにも、たくさんのオータムフェスト情報をホームページで紹介しています。
 こちらもぜひご覧ください。

 ■さっぽろオータムフェスト2012(随時更新中!)
  http://www.sapporo-autumnfest.jp/

8 ようこそさっぽろ8月の特集 

ようこそさっぽろ8月号

 さっぽろ大通ビアガーデンが8月15日(水曜日)まで、大通公園(西5丁目~11丁目)で開催されています。会場には約13,000席が用意され、その規模は国内最大級です。さわやかな札幌の街で、おいしいビールで乾杯!

●今月の特集
 ・子どもと楽しむ、夏休み自由研究テーマスポット
  
●今月の札幌の楽しみ方
 ・支笏湖でスキューバレイクダイビング
 ・地元食材にこだわる札幌発着バスツアー「ほっとバス」~「日高方面コース」
 ・クラーク博士の教え モデルバーンを起点に「北大精神」ゆかりの場所を歩く
 ・じっくりまち歩き、ガイドと楽しむさっぽろ都心散策
 ・札幌市内でワイナリー巡りを楽しむ
 ・札幌の夏の味覚、とうきびを味わう
 ・夏から秋はサンマが旨い!
 ・「オートリゾート滝野」で快適キャンプ
 ・恵庭市の「10パウンド」でセグウェイツアー
 ・涼を求めて滝巡り   など

札幌の様々な分野をその道の達人がご案内します
 ・札幌の夏を盛り上げる豊平川から行けるグルメ新情報 (女性・若者に人気)  など

 ■ようこそさっぽろ
  http://www.welcome.city.sapporo.jp/
 ■札幌観光文化情報ステーション 札幌のイベント情報満載!
  http://www.sapporo-info.com/
 ■札幌市内のイベントスケジュールはこちら
  http://www.city.sapporo.jp/keizai/kanko/event/H24event-calendar.html

 

編集後記 

 今月号、お楽しみいただけたでしょうか。
 私は今回夜景の記事を担当したのですが、モエレ沼公園でキタキツネを見かけました。残念ながら写真の出来がイマイチで記事には載せませんでしたが、住宅街で見かけることもあるので、意外と身近な野生動物なのかもしれません。
 さて、次号は9月13日(木曜日)に発行予定です。「収穫の秋」の魅力をお伝えする予定ですので、お楽しみに!

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2376

ファクス番号:011-218-5129